FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



三光鳥は間もなく南の国へ・今年の観察記録


 一昨日の朝のウォーキング中 お馴染の森の入口付近で、1ヶ月近く耳にしなかった
サンコウチョウの 「ツキ ヒー ホシ (月 日 星) ホイホイホイ」 という囀りが聞こえまし
た。 この声を聞くと私の心はホノボノしてくるのです。 ここは岐阜市で一番好きな森。

 以前 この鳥はいなかった筈の場所で、初めて存在に気付いたのが5月10日。 嬉し
くて しばらくは興奮状態が続きました。 ただ例年サンコウチョウを観察してきた森とは
異なり、自然度が高く 樹木も高くて蜜、姿を見付けるのも難しいため 発表できるような
画像は得られていません。

 サンコウチョウ夏鳥。 間もなく東南アジアに飛び立ちます。 冬を過ごすのは
インドネシア スマトラ島 あたりといわれていますが、渡り先の情報が殆ど無いのです。
棲み家となる熱帯雨林も乱開発で激減中らしく 心配です。

三光鳥 036
今年 岐阜市の森への飛来が確認できたのは5月9日。 昨年と全く同日、同じ森
のほぼ同位置でした。 この正確さに驚くと共に、飛び上るほどの嬉しさでした。
この画像は抱卵を始めて2日目位のメス。 遊歩道から15m程の場所、立ち入
り禁止の杉林の中でした。 (撮影日 5月27日)

三光鳥 29
オスの抱卵姿。 6月9日撮影。 この3日後あたりにヒナが孵ったらしいが、残念
ながらヘビにやられたと 後日聞いた。 自然界の摂理は全く厳しいものです。

三光鳥 159
この森でのサンコウチョウの繁殖は忘れかけた約1ヶ月後、以前の巣の近くの遊歩道
上の樹で、この画像を撮ることができました。 何と再度抱卵を始めていたのです。(2番
子を産む例もあるらしい) ヘビを避けて多くの人が歩く場所を選んだとしか思えません。

三光鳥 211
今回は巣まで 最接近すれば5m程の距離です。 カメラマンたちも諦めたのか この頃
には もう数人しか居ませんでした。 でも約10m以内には近付かぬよう申し合わせま
した。 しかし残念ながら卵は孵りませんでした。  (撮影日 7月5日)

 私の知る範囲では 今年この森で もう一組が営巣したが、こちらは途中で巣を放棄。
ペアーは暫くここに留まっていたようですが、その内行方不明となりました。
 それに冒頭に話題にした新来らしいサンコウチョウ。 こちらは森が深く、繁殖の確証
は得られませんが、囀りの様子などから期待は持てそうです。 もう一つ 野鳥の会の
友人からのメールでは、別の森では数羽のヒナが確認できたということです。

 今年は このような状況でした。 厳しい自然界ですが、頑張れ! サンコウチョウ。 



この ブログ いいね。 と思われたら ここを クリック お願いします。

ウォーキング   9月7日   10,100歩




スポンサーサイト




テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/996-f11717e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)