FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



北アルプスの大パノラマ展望

パノラマ 014
    (左から 穂高連峰、槍ヶ岳から後立山連峰、白馬まで一望の大パノラマ)

 先おとといの18日、日本の大部分は梅雨が明けたようですね。
集中豪雨で各地に災害が続出、心が痛くなりました。 被害に遭われた方々に衷心
よりお見舞い申し上げます。

 被害を受けられた方には心苦しいのですが、個人的にも雨でくさくさする毎日が続い
ていました。 で 久し振りに快晴となりそう、という18日 (3連休の中日) 長野県塩尻
市の高ボッチ高原鉢伏山に出かけました。

 私が住んでいる岐阜県側から 北アルプスの展望はよく見ているのですが、反対側
から一望できる良い場所がないか 探していたのです。 調べた結果 高ボッチという高
原が良さそうだと目星をつけ、大気が澄み渡るであろう 梅雨明け一日目を狙っていた
のです。

北アルプス中核 3
北アルプス中核部。 左から穂高連峰槍ヶ岳(画面中央)、常念岳大天井岳

立山後立山連峰 5
立山後立山連峰の峰々が続く。 眼下は松本市。 その先に安曇野が広がる。
以上は高ボッチ高原展望台 (標高1643m) から 18日 am9,30に撮影。

槍ヶ岳 112
槍ヶ岳。 冨士山と共に日本人に最も知られている山でしょう。 600mm望遠レンズ
使用。 高ボッチより300m程 高い鉢伏山 (標高1928m) からの撮影です。

牧場 286
高ボッチ高原には牧場も広がっています。 その向こうに見える山は乗鞍岳
木曽の御岳山も見える筈が この日は雲の中でした。

諏訪湖 056
眼下は諏訪湖。 南アルプスが雲間に僅か見える。 条件が良ければ冨士山、八ヶ岳
連峰も視界に入るそうです。 日本一の展望台と土地の人は自慢していました。



このブログ いいね。 と思われたら ここをクリックお願いします。


今回は大画像も用意しました。 左から奥穂高 涸沢岳 北穂高岳 槍ヶ岳
ご覧になるには、下のサムネイル画像をクリックしてください。
穂高と槍 120

ウォーキング   7月20日   11,900歩







スポンサーサイト




テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/968-9aea4084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)