FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



梅雨時 立山に遊ぶ ? 雨の合間の弥陀ヶ原


 前回のブログとは順序が逆になっています。 今日UPする画像の方が先に撮影した
ものですがご了解ください。

今回の立山は ある程度雨に降られるのも覚悟の上だったのですが、この時期にしか
見られない黄色いスミレにとにかく会いたかったのです。

 幸い いつもお世話になる立山山荘の適切で親身なガイドを受け、雨の止み間にも恵
まれ、スミレを見つけることができました。 全くラッキーでした。
(スミレの画像は次回に発表させて頂きます。)

薬師岳 098
弥陀ヶ原から見た名峰薬師岳。 雲の中から頂きが現れた。 でも周囲は薄暗い。

弥陀ヶ原 136
広大な高原湿地に点在する池塘 (ここではガキ田と呼ぶ)。 向かいは奥大日岳。

一の谷道 202
スミレを探して歩く途中見た光景。 昔からの登山道 (立山禅常道) の橋が雪
の重みで折れていた。 (以上3点の画像は 9日の午後に撮影したものです。)

シラビソの森 004
オオシラビソ (アオモリトドマツ) の天然林が朝霧の間に見えてきた。 この辺りは日本
の近代登山に功績のあったウィンストンが辿ったこともあり、「植物群落保護林」 にも
指定された森です。 最高の森林浴の恩恵に浸れる場所なのです。

弥陀ヶ原 084
10日朝 弥陀ヶ原を歩く途中 俄かに暗くなってきた。
中央上に私の宿舎 立山山荘が見える。 am9,00

弥陀ヶ原 148
上の画像から1時間半後の弥陀ヶ原最上部。 天気が良い方に急変、日が射してきた。

車窓から 158
天気回復で 急遽 室堂行きを決断。 登山バスの車窓からパチリ。
という訳で前回お見せした画像を写すことができたのです。



このブログ いいね。 と思われたら ここをクリック お願いします。


ウォーキング   7月15日  18,500歩 (4日振りに歩けました)







スポンサーサイト




テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/965-143f9dc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)