FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



伊吹山の花・6月の山頂遊歩道


 という訳で 笹又登山道では 草花を殆ど見ることができなかったのですが、山頂付近
の遊歩道はいつもの通り、ホッとしました。 期待していた花たちも 一通り顔を見せてく
れ、心のしこりも少しは 晴れたようです。

 この登山の目的の一つ グンナイフウロは前々回のグログで、お目にかけましたので、
今日はその他の花たちをどうぞ。
 
ヒメフウロ 158
ヒメフウロ。 フウロソウ科。花径 1?1,5cm。 草丈 20?60cm。
石灰岩地質に育つ稀少植物。かねて見たかった花に初めて会え、大感激。

ヒヨクソウ 154
ヒヨクソウ。 ゴマノハグサ科。 花径 約7mm。 草丈 30?60cm。
これも初めて見た花で とても可愛い。 伊吹山頂付近に多いそうです。

イブキガラシ 300
イブキガラシ。 アブラナ科。 草丈 20?60cm。 今頃はこの花が山中付近を覆う
そうです。 イブキと頭に名の付く花が約30種あるそうで、その数日本一らしい。

イブキノエンドウ 011
イブキノエンドウ。 マメ科。 草丈 約50cm。 ヨーロッパ原産の植物だが、北海道と
伊吹山のみに生育。 織田信長が宣教師に 伊吹山に薬草園を作らせた名残でしょう。

ノビネチドリ 275
ノビネチドリ。 ラン科。 草丈 30?50cm。 山地?亜高山に生える。 高地性の
ランの仲間では比較的多く見られる花だが、笹又登山道で、刈り取られたこの
花の残骸を見た。 心が痛みました。

オドリコソウ 302
オドリコソウ。 シソ科。 草丈 30?50cm。 葉の長さ 6?10cm。

オドリコソウ 308
オドリコソウは、白から この画像のような薄いピンク色。 この時期
伊吹山全体で咲いている花の中では 最も数が多そうです。
( 以上 6月12日 撮影 )



このブログ いいね。 と思われたら ここを クリックお願いします。

ウォーキング   6月25日   5,500歩






スポンサーサイト




テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/953-32bf4461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)