FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ササユリは里山の象徴です


 数年前 里山ササユリの関係を ある環境保護の講演会で聞いたことがあります。
以来ササユリに興味を持ちましたが、この花は中部地方以西に分布するため 東京育
ちの私には それまで縁がなく、以後も見る機会はありませんでした。

 ササユリは日本固有種。 古代より日本人に愛され、万葉集にも11首の詩(うた)
が載っているようです。 それに60年前頃まで 里山や山林との境で ごく普通に見られ
る花だったようです。 それなのに最近 多くの県が絶滅危惧種に指定するほど減少。
自然環境の激変を象徴する花なのです。

 おりよく この花の満開情報をTVで知り、梅雨の合間 17日飛んで行きました。 場所
は岐阜県東濃地方の御嵩町 「みたけの森」。 県下有数の自生地で保護区でした。

ササユリ 014
ササユリ。 ユリ科。 花径 10?15cm。 草丈 50cm?1m。 葉が笹そっくりです。

ササユリ 024
最もピンクの濃い花でした。 「あー良い匂い」 という呟きも聞こえてきました。
が 私は嗅覚障害で分らない。 残念です。

ササユリ 028
山で見かけるヤマユリやオニユリとは異なり、斑点のない
清楚なユリでした。 これは最も白い花。

ササユリ 087
ササユリが自生している里山は、日当たりが平地の1/2?1/3程度で、
北?東向きの傾斜地の雑木林。

ササユリ 122
夏の最高気温が25℃、地温23℃前後。 年間1?2回の下草刈りが行われる
ササ、シダなどの草叢が適地のようです。

ササユリ 044
みたけの森では 画像で見るように2重の柵で保護。 中側の柵には
弱い電流が流れ、イノシシなどの食害を防いでいます。

 ササユリは種をまいてから 花が咲くまで 5?8年を要し、その間 上記のような環境
を維持しなければ、球根が腐ってしまうらしい。 で 公共機関などで保護している場所
以外の 一般の里山での自生地は、残念ながら もう無くなったように感じます。
山村住民の高齢化地球高温化が強く影響しているのではないでしょうか。



このブログ いいね。 と思われたら ここを クリック お願いします。

ウォーキング   6月20日   12,800歩






スポンサーサイト




テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/950-e2f1f340
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)