FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



伊吹山 花報告 その2


 伊吹山が岐阜県にある と思う人は 地元の住民以外 居ないでしょう。 もっとも山頂
三角点が滋賀県側にあり、国定公園の一部を琵琶湖と共に担っているので無理から
ぬ認識でしょうが。 地図を見るとどちらの県の面積が多いか、実際は判断できない程
なのです。

 滋賀県の方には叱られそうですが、わたしの目には 伊吹山の滋賀県側の自然荒廃
の酷さが気になって仕方がないのです。 具体例を2つだけ挙げましょう。

 先ず石灰岩を採取した鉱山開発跡。 不採算で事業中止後、自然再生を図っている
という話を数年前に聞きましたが、実際には目に見える成果は挙がっていません。
醜い荒れ地が長期に亘って剥き出しのままです。

 スキー場を中心とする観光事業も現在 ほぼ廃業に追い込まれたようです。 その
施設の残骸が、風雨に晒されています。 その撤去や自然回復を図っている様子も見
えません。 (多くの人が利用する上野登山道は その真っ只中を通っています。)
岐阜県側の自然とは全く異なっており、私はこの現状が心配でたまりません。

コバノミミナグサ 124
コバノミミナグサ。 ナデシコ科。 花径 約1cm。 草丈 10?30cm。

コバノミミナグサ 119
コバノミミナグサは長い間 伊吹固有種だと思われていたが、平成15年
山口県秋吉台の石灰岩地質地帯でも発見された。

ヤマブキソウ 187
ヤマブキソウ。 ケシ科。 花径 4?5cm。 草丈 30?40cm。 名の由来はヤマブキ
に似ているためだが、花弁は4枚です。 毒があるらしいが、キレイな花でした。

ヤマエンゴサク 144
ヤマゴエンサク。 ケシ科。 草丈 10?15cm。 日本、中国、朝鮮に分布。

ヤマゴエンサク 157
この花は 株により様々な色があって面白かった。 花の長さ 2cm程。

イチリンソウ 258
イチリンソウ。 キンポウゲ科。 花径 約4cm。 草丈 20?30cm。
花茎の先に1つの花を付けるのでイチリンソウ。 ニリンソウとは最も近い種であり、
サンリンソウもあるようです。 イチリンソウは最近の伊吹で数が減ってきたらしい。

ニリンソウ群落 313
ニリンソウ群落。 これは2輪の花が花茎の先に咲きます。 そのためか イチリンソウ
より花が小さく、花径2cm程。 それ以外の違いは殆どないようです。



このブログ いいね。 と思われたら ここをクリックお願いします。

ウォーキング   6月4日  14,400歩  5日 10,300歩











スポンサーサイト




テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

2年ほど前に滋賀県側から歩きました。
どの山もそうですが、山の頂から見る開発されたスキー場は無残なものです。
伊吹山スキー場も、開発をした人間がすでに元気がなくとも、自然回帰の努力をすべきだと思います。人間が娯楽のために開発して荒廃させて
しまったのなら、その責任は・・・
自然の治癒力を待っているのは無責任ではないかと
思うのですが。難しい問題ですね。
【2010/06/06 08:32】 URL | 樹間暮 #-[ 編集]

樹間暮 さま

鉱山にせよ 観光業にせよ開発許可を出したのは行政なので、業者に力が無くなった後では、国や県に修復の責任がある筈ですが ・・・・。
尤も最終的には税金という形で一般住民にツケが廻って来ますが。 難しい所ですね。
【2010/06/06 20:53】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/940-465c479d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)