FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



電柱を取り除いた古い町筋・岐阜川原町の景観


 川原町は 岐阜市湊町、玉井町、元浜町の長良川南岸沿い一帯の通称です。
この町の改修工事は平成20年春に始まり、翌年3月末に完成したのですが、舗装し
た道路の乾燥による色の安定と 公的機関による工事後の個人的な改装作業を約1年
待って、今週半ばに町の様子を撮影してみました。

 川原町筋は有名な町並み保存地区のように観光重視の場所とは異なり、住民生活が普
通に営まれており、古い伝統を持つ 材木、提灯、団扇、雛人形などの商が、この町特有の
格子戸
の奥で営まれています。 (通りからは見えない家が多いのですが)

 しかし時代は急激に変化しています。 これらの伝統産業を如何に継続し、生活を維
持していくか 皆 大変難しい問題を抱えています。

 また古い家屋や町並みの維持も大変です。 手前事で恐縮ですが、我が家は築90
年程の数寄屋造りの隠居所を、日常生活が可能なように改装したもの。 傷んだ屋根
瓦を取り替えるにも、わざわざ京都から特殊サイズを取り寄せる等 費用と労力が半端
ではありません。

 これらの改修に際し 条件を満たせば、費用の一部を公的に援助してもらえる制度が
出来ましたが、景観保存の自主的申し合わせを守るには、近い将来 大きな経済的負
担が生じそうです。 加えて耐震化の問題、どうしたら良いか 今 悩んでいます。

川原町 052
カラー舗装の色は如何でしょうか。 写真は見た目より ややピンクがかっていますが。
この辺りが川原町の中心。 正面の家屋は江戸時代中期の建物。

川原町 071
上の屋敷を別角度から撮影。 風格ある蔵が建っています。 この商家は江戸時代中期
に雛人形商として京都から移ってきたそうです。 (岐阜市指定 都市景観重要建築物)

材木商 142
材木商。 川原町には少なくなったが、周辺には まだ銘木店が多数点在。

川原町 053
この町特有の格子戸。 右は懐紙 (茶道で使うもの) で全国に有名な問屋さん。
懐かしいポストが町の雰囲気を盛り上げています。

川原町 076
川原町通り から 川原町広場への小路。 向こうに見えるのは金華山

川原町 089
川原町通りから 蔵はあまり見えないが、川原町広場側から黒い蔵が立ち並んでいる
のが良く見えます。 この辺りは長良川の氾濫が度々でした。 で 蔵は高い石積みの
上に建っています。 赤い傘は 古い蔵を利用したカフェ。 女性に人気です。

鵜飼舟乗り場 150
改築なった鵜飼観覧船乗り場。 川原町通りの長良橋際に建っています。
(鵜飼は5月11日からオープン)



このブログ いいね。 と思われたら ここをクリック お願いします。

ウォーキング   4月23日  9,500歩







スポンサーサイト




テーマ:街の風景 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

こんばんは。
誇れる我が街があることは幸せなことですね。
掲載なさっている材木やさんは思わず入って木をなでてきました。赤いポストのお店はてっきり郵便局と間違えて入ることをためらいました。川原町の通りは明るくて、人の息遣いが聞こえる通りでした。
観光一筋でないところがとても気に入りました。街はこうでなくては!

思ったこと二つ。
・設計事務所が多かった。この街を美しく変えたい!と願う建築家の方が多いということでしょうか。
・一軒、今にも崩れ落ちそうな家が残っていました。瓦屋根の瓦もいつずれ落ちるか・・・というような。このように維持できない場合はどうなるのでしょうか。取り壊すしかないのでしょうか。
【2010/04/24 21:35】 URL | 樹間暮 #-[ 編集]

樹間暮 さま

誇れるところ迄は いきませんが、岐阜生まれでもないのに、不思議と愛着があるのです。

崩れかかった家の持ち主が、行方不明なのです。 このような場合、周囲に危険が予想されても、強制処分が出来ないらしいのです。 不思議ですね。

設計事務所は 単なる偶然だと思いますが?
【2010/04/25 20:51】 URL | ヤンジジ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/916-62f9aa3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)