FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



トルコ旅行記 1 ”親日的な人々”

 2004年5月x日 早朝イースタンブールに到着。私には 初めての海外観光だ。総勢20余名のツアーメンバーはチャーターバスで市内に。
車窓から眺めていると、旅行ガイドやテレビでお馴染みのモスクの尖塔が、あちこちに。胸がワクワク。

 さてと、このブログは記録よりも印象記という感じで進めるつもりです。
この国に入ってすぐ、強烈なインパクトを受けたのは、トルコの人たちの、こちらが戸惑うほどの親日感情でした。本当にビックリ。これは嬉しいショックでした。
現役の頃、海外ビジネスで 厳しい交渉の過程でも、お互い 人間的親しみが浮かんだ事はありますが、このような底抜けの好意を感じた経験はありませんでした。
 大人も、子供も、女子大生までも(私のような冴えないオジンにまで)笑顔いっぱいで、話しかけて来るのです。観光客向けのテクニックではないのです。トルコに行かれたら、是非 若者と接触してみてください。
若い人は皆、学校で英語を習っています。単語の羅列で話はほとんど通じます。彼らも英語は外国語。あまり上手ではありません。むしろ こちらが下手な方が親しみが増すと思います。少しでも意思が通じると楽しいですよ。

 こんな経験は他の国では、めったにできません。外国に旅行するなら、トルコには絶対行くべきです。
この親日感は何が要因か。色々あるようですが、私は一つしか知りませんでした。この親日感を喚起するある出来事が教科書に載っているのだそうです。ネット上に出ていますのでここでは省略。観光については次回に。

 写真を大きく表示するのに苦労しました(画像が崩れてしまうのです)3日掛りました。

20060430133729.jpg
イースタンブールの中学1年生。「Japanese?」と話かけて来た。記念写真を撮らしてもらう。
この笑顔を見て下さい。

20060430134535.jpg
コンヤ市のカラタイ神学校で、案内役を買って出た地元の女子大生と。この街はトルコ有数の
学園都市だそうだ。

20060430135326.jpg
現地観光客と我がメンバーの交歓風景。ちょうど休日で賑わうトプカプ宮殿前で。

スポンサーサイト





この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/9-9e27f13e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)