FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メコン川の巨大魚・淡水魚水族館・アクアトト岐阜


 この水族館には アジアの国際河川メコン川、アフリカの大河 コンゴ川タンガニー
カ湖
、流域面積世界一の南米アマゾン川の魚が展示されています。
水族館は 最近一大アミューズメント化の傾向があり、世界中で 大規模化を競っている
ようですが、同時に環境教育にも意を注いできたようで喜ばしく感じます。

 その中で淡水に特化し、大型魚を世界各地から集め飼育、研究するアクアトト岐阜
は発想もユニークで、私が調べた範囲では 淡水専門では おそらく世界一の規模だと
思います。

 先ず今日はメコンの魚です。 メコンの源流はチッベト高原。 中国雲南省、ミャンマー
ラオス、タイ、カンボジア、ベトナムを経て 南シナ海に注ぐ、世界有数の大河です。

 WWF (世界自然保護基金) では 1997?2007年の10年間のメコン流域調査で
約1000種の新種動植物を発見。 内 279種の魚が含まれている、という驚くべき所
なのです。

一方この川には 世界最大のナマズ、メコンオオナマズ、淡水に住むイルカとして有名
河イルカも生息していますが、現状は生息数が激減しています。 桃源郷のような
この地域にも、環境の悪化、開発、乱獲など様々な問題が山積しているようです。

メコン水槽 075
メコン川 (中流域) に棲む大型魚の大水槽

メコン オオナマズ 085
メコンオオナマズ (下の2尾) 世界最大の淡水魚の一つといわれ、最大3mにも成長
する。 メコン川流域固有種。 食用にもなり、最も絶滅が危惧される1Aに指定される。
私の背丈ほどの大きさが6尾、悠々と泳ぐさまは圧巻。

ワラゴ・アトゥー097
ワラゴ・アトゥー。 夜行性の肉食ナマズ。 最大2,4mに成長。

パーカーホー 084
パーカーオー。 コイ科。 最大3m(展示魚は約1m)。 タイでは食用に養殖されている。

バガリウス・ヤーレリー 088
バガリウス・ヤーレリー。 シソール科。 流れの早い川底で、エビや小魚を捉える。

メコン中流魚 079
メコン川中流域の中型魚の水槽。 左上にいる 尾と背びれに黄色い線がある魚は
シルバーシャークと呼ばれ、熱帯魚として人気があり高値で売買されるそうだ。
この魚は絶滅危惧種1B。 趣味で飼ってもよいのだろうか?



このブログ いいね。 と思われたら ここをクリック お願いします。

ウォーキング   1月22日  12,300歩






スポンサーサイト




テーマ:地球環境を考えよう!! - ジャンル:福祉・ボランティア


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/866-e00b1923
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)