FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



岐阜のシンボル長良川・金華山の雪景色に名産アユの危機を想う


 岐阜市の雪も大晦日から丸2日間経った 一昨日の昼近く ようやく止みました。
歩きたくてうずうずしていた私、止むと同時に 雪の少ない南斜面から金華山頂を目指し
ました。 滑る足を慎重に運び、普段の倍近くの時間をかけて ようやく登り切る。

山頂では日頃見慣れた光景と一味違う長良川の展望を味わいつつ、前日 元旦の中日
新聞岐阜県版の記事を思い出しました。

 その大要は 「近年 長良川のアユ漁獲量が激減した。 海から遡上するアユが減っ
たため。 その対策として長良川漁協では 岐阜市付近に産み付けられた卵 600万個
を 今年 河口堰の下流まで車で運んだ。
生まれた稚魚が河口堰に阻まれ、海に出る前に死んでしまう事例が多いことが分った
という。 堰の建設前には 潮の満干の影響が、河口から20?30km上流まで及び、
引潮に乗って稚魚が海に出ていたらしいのです。 長良川のアユを何とか後世に残した
いという危機感から この活動を始めた」 のだそうです。

 以前 長良川のシジミが全滅したというブログを書きましたが、長良川河口堰は莫大
な国費を費やし
ながら、自然環境を壊している無用の、いや有害なシロモノだと私は
思っています。 鳩山政権さん 河口堰運用の見直しも至急お願いしたいのですが。

雪の岐阜城 043
山頂に到着後 1時間ほどで雲が切れ、岐阜城がクッキリ。

雪の長良川 024
岐阜城天守閣から北側の長良川を俯瞰。 この時 雲が動きだし、
景色が見えだした。 この辺りが伝統の鵜飼が行われる流域。

雪の長良川 054
岐阜市の中心を南北に隔て流れる長良川。 この辺りから河口まで53km。
多くの稚アユは この周辺で孵化し、河口に向かうそうです。

雪の登山道 001
私が登った登山道 東坂。 雪の中 既に数人が登った跡が付いていた。

雪 山頂付近 048
山頂付近から街並みが垣間見える。

雪 山頂付近 047
山頂の城郭 雪景色。



このブログ いいね。 と思われたら ここをクリック お願いします。

ウォーキング   1月2日 9,200歩  3日 11,900歩






スポンサーサイト




テーマ:写真にコトバをのせて - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

岐阜もすっかり雪景色ですね。
日本の四季はこうしたはっきりした寒暖の差があるからこそ美しく、それを愛でる色の変化の楽しさがあるのではないでしょうか。
日本人に生まれてよかったと思うこの頃です。
お足元にご注意なさって、散策をお楽しみください!
【2010/01/05 20:35】 URL | 樹間暮 #-[ 編集]

樹間暮さま

全くその通りだと思います。
雪景色、秋の紅葉、春からの山野草、灼熱の夏に浮かぶ入道雲などこれほど変化のある国は、世界広しと云えど日本だけでしょう。
今年も出来るだけ歩く積りでおります。 応援をお願いします。
【2010/01/06 07:20】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/854-6d3da1f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)