FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



バングラデシュには美人が多い?? ある農村で


 前回のブログで ご紹介したボンドゥ孤児院は首都ダッカから車で4時間程の農村
フェヌア村にあります。 ここは現地代表Dr,ラーマンの父の故郷で、日本から孤児院に
行くには 2日掛り。 老齢となった主要支援メンバーには かなりキツイ日程なのです。

 同志社大の学生会員たちは、この4年間 欠かさず 春夏の休みを利用し、10日?半
月 現地を訪れ、日本とを繋ぐ良き交流役を担ってくれています。

 孤児院の運営が軌道に乗っている現在、彼らの関心は、この村人の生活に向けられ
たようです。 餓死しない程度の食料は得られているものの、(アフリカ難民より この点
では マシのようですが) 極端な貧しさ、女性の地位の低さなど、学生たちには見過す
ことはできないようです。

 という訳で、村の現状を撮影してきてくれました。 驚いたのは 女の子や女性の美し
なのです。 その支援方法の模索については、以前のブログにも触れてきましたので
今回は可愛い少女たちを ご覧ください。
 
女の子1454
リキシャ(自転車で牽く人力車) の陰から覗く。

女の子2人1452
この目を見てください。

池と少女 0055
少女もサロワカ (ワンピースとパンツの組み合わせ)とスカーフ姿。 とてもカラフル。

親子1077
貧しい生活なのですが、この笑顔。 物質的豊かさと幸福とは関係なさそうです。

村道1064
村道にて。 年配の女性は 全身黒ずくめ。 顔も覆っている人が未だ多い。

村の子 0260
女の子も3?4才までは この写真のような格好です。 男の子は殆ど裸 ハダシ。
衛生状態が悪く、幼児の死亡率が高い。

縁あってかかわったバングラデシュ。 この国が豊かになり、
女性の地位も向上することを 心から願っているのですが。



このブログ いいね。 と思われたら ここをクリックお願いします。

ウォーキング   12月12日 10,700歩  13日 6,400歩






スポンサーサイト




テーマ:海外ボランティア - ジャンル:福祉・ボランティア


この記事に対するコメント

どの子も瞳が輝いていますね!
物質的には貧しくても、心が豊かなあらわれと思います。
お金、お金、経済成長率、国債乱発・・・・・・・・
何か世の中、オカシクなってきていますよね!
自分の生い立ちをふりかえりながら、今の世を案じている私です。
少なくてもヤンジジさんの生き方に学んでいきたいです。
【2009/12/14 07:37】 URL | appochan #-[ 編集]

appochan 様

「目は口ほどものを言い」 まさにこの通りだと思います。
アジアの後進国に行くと、ハッとするような輝く目に度々出会います。 日本の子供たちとは輝き方が違います。
豊かさを追い求めた我々の生活態度が間違っていたのでしょうか。 悲しい現実です。
【2009/12/14 19:45】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/842-f93808e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)