FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



写真で綴る金華山登山ガイド2009 その5 街中に深山の趣

 沢山の観光客、登山者で賑わう金華山ですが、今回は 休日でも人影が疎ら、心行く
まで大自然を満喫できるコースをご紹介します。 ここを歩かれると 40万人が住む岐阜
市という街のど真ん中に これ程の秘境が! と驚かれることでしょう。

 登山口は金華山の東の麓、達目洞という場所。 金華山の湧水でできた湿地帯に育
ヒメコウホネ (絶滅危ぐ種) が咲く里です。 分りにくい場所ですが、ネット上で紹介
されているので参考にしてください。 (岐阜市 達目洞で検索)

  達目洞から金華山山頂に登るには 幾通りかの道がありますが、私の選ぶベスト
  コースをご紹介しましょう。

達目洞 → 達目ハイキングコース(約800m) → 大参道ハイキングコース(約900m)
→ 鼻高ハイキングコース(約1500m) → めい想の小路合流点?(5分程)?山頂。
   (全行程 約2時間 + 休憩時間  トレッキングシューズ程度の靴は必要)


妙見宮 045
ここが登山道入り口です。 案内図や道標は今現在 全くありません。 この画像の左上
の山が先ず目指す頂きです。 達目洞のヒメコウホネが咲く場所には容易に到達できま
すが、そこからこの画面の場所まで 徒歩3分位です。 勘を働かせ 探してください。

西山道標 052
上の場所から3?4分歩くとこの道標があります。 ここから西山に向かうと近道ですが
(30分程時間短縮可能) 景観に乏しいので、直進 (岩戸公園?岐阜城方面)
してください。

達目道 063
やがて達目ハイキングコースの中心地に。今や全国でも珍しいヒノキの天然林

鼻高道標 036
この道標を高鼻方面に右折し、大参道ハイキングコースに入ります。

大参道 037
大参道のハイライト。 コナラ、アベマキ、ツブラジイなど ドングリの生る木の森
を進みつつ徐々に登っていきます。

ハシゴ 046
やがて尾根道に合流 (ここには道標あり) し、小高い山々の縦走が始まる。
鼻高ハイキングコース) 所々にハシゴの登り降りもあります。

高鼻コース 078
この縦走路は長良川と並走しており、森の切れ目から展望が開けます。
眼下は長良川に架かる鵜飼大橋。

岐阜城 089
やがて金華山山頂の岐阜城が見えてきます。 ここまで来ればもう一息。



このブログ いいね。 と思われたら ここをクリックお願いします。

ウォーキング   11月16日  9,300歩








スポンサーサイト




テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

本当に、自然豊かなすばらしい山ですね。
土の香りが漂ってきます。

大事にしていってください!
【2009/11/19 22:43】 URL | 樹間暮 #-[ 編集]

樹間暮 さま

金華山には北アルプスとは また違った魅力があります。
それで私もこの山を守るボランッティアをしているのですが、結構労力を必要とします。
及ばずながら頑張ります。
【2009/11/20 17:07】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/826-630a1b60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)