FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



パリ 一人旅 24 モンマルトルの丘・名画の街並みを歩く

 観光客で賑わうテアトル広場から 一歩裏道に入ると 嘘のように静かな街並みが広
がっていました。 この丘にはルノアール、ゴッホ、ピカソなど巨匠ゆかりの地が数多
(あまた)点在しています。 特にモンマルトルで生まれ、この街を数多く描いたユトリロ
の絵、まさにその通りの街角もありました。

 これら巨匠ゆかりの地を辿るマップも紹介されていましたが、探索に時間を要する
ため、自分の足の向くまま モンマルトルの魅力を探し歩きました。 天邪鬼ですが、
観光資料などに必ず載っているような名所は 見るだけにとどめました。 全て 写真に
撮っていたのではキリが無かったのです。


モンマルトル 022
           サクレ・クール聖堂からテアトル広場に通じる道。
          スーベニールショップと無名の画家がズラリと並ぶ。

プロムナード 049
         チョット横道に入る。 ロマンティックな坂道が現れた。

モンマルトル 055
聖堂の北西側の坂道。 私が最も気に入ったプロムナードです。

モンマルトル 059
素敵な場所が沢山あるのですが、殆ど人影のない場所も。
急な坂道と階段が多いので、観光案内に載っていない場所は人が少ない。

モンマルトル 045
丘を西側に下り始めると 洒落たレストランが点在していた。

ラテの風車 071
唯一著名な場所をどうぞ。 ラテの風車です。
現在はムーラン・ド・ラ・ギャレットというレストランになっています。
ルノアールの大作、同名の絵のダンスホールの図柄が頭をよぎりました。
ちなみに モンマルトルにはもう一つ有名な風車が残っています。キャバレー
ムーラン・ルージュの看板の赤い風車です。 夜に弱い私は、ネオンが灯
る時間まで 残念ながら体力がもちませんでした。

 以上で長きにわたった パリ一人歩き を終わります。 知識も浅く、独断と偏見に満ち
ていたと思われる (自分ではは気付いていない) ブログにお付き合い下さり、厚く
お礼を申し上げます。 ご意見、誤りのご指摘、大歓迎です。
よろしくお願い致します。



このブログ いいね! と思われたら ここをクリックお願いします。

ウォーキング   9月8日  12,200歩






スポンサーサイト




テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

ヤンジジさん、長きにわたるパリ旅行記ありがとうございました。
ロマンティクな坂道など言葉では言い表されないほどの感動が伝わってきます。
話は変わりますが、毎日のウォーキングの歩数の多さに驚いているのです。

私は6,000歩程度を1時間かかって歩くのがやっとです。
ヤンジジさんの体力には脱帽です。
【2009/09/09 07:07】 URL | appochan #-[ 編集]

何気ない坂道も素敵ですね。
町全体が雰囲気ある場所であこがれます。
いつかいける日を夢みています。
【2009/09/09 08:56】 URL | みかん #0zcuN3Us[ 編集]

appochan 様

長い間 パリ 一人旅にお付き合い頂きまして有難うございます。
私のウォーキングは、写真を撮りながら歩いているので、汗をかくほど一生懸命というのではありません。 適当にぶらぶら という程度です。
山道が多いので、適度の運動になっているかも知れませんが。


みかん 様

パリ旅行では シャンゼリゼやルーブルは誰もが行く所でしょうが、モンマルトルも是非訪れたい場所だと思います。

【2009/09/09 20:45】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]

こんばんは。
ヤンジジさんのあふれ出る好奇心と共に大変楽しませていただきました!誰もが行かないところ、別の視点がすばらしく、本当に行ってみたくなります。
ヤンジジさんが気に入られたプロムナードの色合い、ロマンティックな坂道などヨーロッパはやはり大人の成熟した街並みだと感じます。また思い出したように時々ヨーロッパのお話、期待しています。
(私のブログ、7月に新規立ち上げました=URL変更になっています。お暇な時にでもお寄りください)
【2009/09/09 21:22】 URL | 樹間暮 #-[ 編集]

樹間暮 さま

パリ 一人旅に ご声援有難うございました。
ご指摘のように 好奇心の塊のような私、次はどこに出掛けようか もう思案しています。
一旦 筆を置いてしまうと、過去の旅は頭から消えてしまうのです。

大英博物館も見たいし、メトロポリタンも。 南イタリアにも興味が満々で、困ってしまいます。
【2009/09/10 20:06】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]

ヤンジジ様、
南イタリアに私も興味があるので、南イタリアの小さな町の旅など是非計画して、ヤンジジ様の視点での写真期待しています。そしてブログへアップ!!をお願いします。
【2009/09/11 23:45】 URL | 樹間暮 #-[ 編集]

樹間暮 さま

頑張ってみましょう。
行けるとしても 来年になると思いますが。
【2009/09/12 08:00】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/784-6521b210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)