FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



春の伊吹山 春たけなわ ?

 伊吹山を麓から徒歩で登るのは今年2度目です。 昨年夏も試みたのですが、直射
日光をまともに浴び、暑さで中途ギブアップしてしまいました。 この山を滋賀県側から
登る場合、1合目から上には 全く樹木がない草原なのです。 それで今のうちにと・・・

 草花が好きですが、樹も大好きな私。 岐阜県側から見る伊吹山は 中腹近くまで森
が見えているのに、琵琶湖側から見ると まるで禿山です。 特に北の方は醜く、山肌が
剥き出しになっています。 これは石灰を掘り出すため 長い間採掘が行われた痕なの
です。

 この山は石灰岩地質。 森林が出来難い地質なのですが、南西斜面でも樹木が無い
のが謎でした。 これを探ってみようと思ったのです。
 歩き回った結果、スキーのゲレンデやホテル、観光用の有料道路などの開発が原因
らしいと思いました。 人為的な自然破壊のようです。

上野登山道 116
  (7合目付近からの俯瞰。 すぐ下に6合目の避難小屋、その下にリフト用に開いた
  空間が見える。 客の減少で 数年前から運休状態。 ロッジなどの廃墟も目立つ)

 地質や気候が原因で 4合目以上に樹木が無いのは この山の特性として理解できま
すが、3合目から下には、昔森林が存在していた事を確信しました。
一般車の通行は禁止されていますが、3合目まで通じている林道の周囲には、3合目
の手前まで点々と森が残っていたのです。 以前は山をぐるりと巡っていたのでしょう。

 歴史の古い京 難波に近く、水運の便利な琵琶湖の畔に聳えるこの山は、古代から
森林の使用、破壊が続いてきたものと思われます。

 古い歴史と豊かな自然美を誇る、国定公園であるこの地域が、このような状況にあ
ることを憂います。

ハクサンハタザオ086

ハクサンハタザオ090
ハクサンハタザオ。 アブラナ科。 今回 オドリコソウの次に多く見られた花です。
2合目?6合目まで。

ホタルカズラ 154
ホタルカズラ。 ムラサキ科。 草丈 約20cm。 3合目付近のみで見られた。
蛍のように点々と咲く様子からの命名。 初見の花です。

ヒメスミレサイシン092
ヒメスミレサイシン。 スミレ科。 丸まった葉が特徴です。
中部から関東地方北部の石灰岩地質の亜高山に生育。 6?7合目で。

ニリンソウ066
ニリンソウ。 キンポウゲ科。 やや湿潤な山地に咲く。
5?6合目でやっと咲きだしたという感じでした。



このブログ いいね! と思われたら ここをクリックお願いします。

ウォーキング   5月25日 11,100歩  26日 9,900歩






スポンサーサイト




テーマ:花の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/718-6d385911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)