FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



春の妖精 シジミチョウ

 今 野山を歩くと 沢山のシジミチョウと出会います。 羽を広げて1?2cmと小さいの
ですが、飛んでいるのを見ると 素晴らしくキレイな蝶が多いのです。 でも何かに止まっ
た時、少しでも目を離すと、何処にいるのか全く分からなくなります。 周囲に溶け込ん
でしまうのです。 止まると羽を閉じます。 これが驚きの保護色となるのです。

 この処 チャンスがあれば、積極的にシジミチョウを撮影しています。 花、樹、野鳥撮
影とウォーキング中も結構忙しい。 でも これが老化予防に役立つと言われます。
楽しみが有益とは有り難い話です。

ムラサキシジミ15
     ムラサキシジミ。 この鮮やかな色、なんと表現したらよいでしょう。

ムラサキシジミ33
  羽を閉じたムラサキシジミ。 全く地味。 止まっていると絶対見付けるのは不可能。
     シジミチョウは殆どが、羽を広げた上側の色と 裏側の色が異なります。

ベニシジミ 095
     ベニシジミ。 公園、里山など開けた明るい場所で見ることが多い。
            目立つ色なので、容易に見つかるはずです。

ウラナミシジミ 125
        ウラナミシジミ。 長良川河川敷のお花畑で見付けました。

トラフシジミ032
    トラフシジミ。 この蝶は上側より 羽を閉じた状態が派手な色、柄でした。
                   例外もあるようですね。

春ツバメシジミ338
     ツバメシジミ。 春型です。 夏になると色がブルーに変わるそうです。

 シジミチョウは表裏で色柄が異なる上、春、夏と色変わりするものもいるため、図鑑
           などと見比べて種類を特定するのが難しいです。
       間違いがあるかも知れません。 お教え頂けると有り難く思います。



このブログ いいね! と思われたら ここをクリックお願いします。

コメントも頂けると嬉しいのですが。

ウォーキング  5月18日 15,800歩  19日 24,700歩 (伊吹山7合目往復)  





スポンサーサイト




テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/714-c25b18be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)