FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



アフガンで犠牲になった若者の写真展に思う

 先週まで 「アフガンに緑の大地を」 という写真展が岐阜市で開催されてい
ました。 現地の住民にとけこみ、献身的に農業指導を行っていた31才の若者
が、昨年8月 タリバンの凶弾に倒れた事件を、皆さん覚えておいででしょう。

 この若者は伊藤和也君といい、静岡県出身。 同じ東海地方のボランティアと
して、同じくアジアの貧困に思いを馳せる身として、この悲報を聞き、暫くの間
呆然とした思いに包まれていたものです。

 最近の若者は享楽をのみ追い求めているかに 思われがちですが、高い理
想を抱いている者も多いということを 知って頂きたく、また事件を風化させない
ためにも、ブログに取り上げさせて頂きました。

アフガン写真展016

アフガン 017
犠牲になった伊東君です。

アフガン写真展025
農地整備の成果。 緑が戻り、干ばつで難民になった人々が戻ったそうです。

アフガン写真展033

アフガン写真展 029

アフガン写真展023

私にとって 今 最も気懸りなのが、飢えと病に苦しむアフリカの子供たちです。
その多くの国が戦火飛び交う紛争地帯。 民間の草の根ボランティアでは如何
ともし難いのが無念です。
 日本でも 今から65?68年前の戦中戦後時代、アフガンやアフリカの紛争
地域と同じような困窮に陥ったこと、そのような状況下で育った私にとって、犠
牲になった伊藤君も 飢えに苦しむ人々も 他人事とは思えず、焦燥感に駆られ
ます。



このブログ いいね! と思われたら ここをクリックお願いします。
できましたら コメントも頂けたら 嬉しいのですが。

ウォーキング   4月13日   11,500歩   






スポンサーサイト




テーマ:飢餓・貧困のない世界を創ろう - ジャンル:福祉・ボランティア


この記事に対するコメント

堂々の第1位 おめでとうございます。
伊藤さんのテレビ見ました。
アフガンは大切な宝物をなくしましたね。
伊藤さんは本当に立派な人・・・ご両親も
凄い方だと思います。
【2009/04/17 20:34】 URL | 侘び助 #-[ 編集]

侘び助 さま

私のブログランキングには 自分自身 驚いています。 侘び助様を はじめ 皆様の温かい応援の賜物だと思います。
 有難うございます。

伊藤さんのご両親をテレビで拝見しましたが、あの親があって、この子あり、と自分を反省しました。
【2009/04/18 06:27】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/689-5085d120
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)