FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ミチノクフクジュソウ (絶滅危ぐ種) を山中に探す

 雪割草を堪能した翌22日 福井県にミチノクフクジュソウ生育地を訪ねま
した。 テレビ報道の際のメモで おおよその場所には辿り着いたのですが、現
地は未だ雪が残る深い山の中、人家などは全く無く、聞けば 「場所などすぐ
分かるさ」 と安易に考えていたのは大きな間違いでした。

 仕方なく最寄りの町まで降り、尋ね歩くこと3か所目、ある薬屋さんで 幸運
にも情報を持った方に巡り合えたのです。 助かりました。
ようやく生育地を探し当てると、市の教育委員会が立てた小さな看板が出てい
ましたが、保護育成活動は個人の篤志家が行っている様子。 看板以外 行政
の寄与は全く感じられなかった。 状況を考慮し、地名は伏せさせて頂きます。

 この日は前日の好天とは一転 大雨。 でも現地に居た 約1時間だけはラッ
キーにも小康状態。 薄暗い山中に、春の黄色が輝いていました。

フクジュソウ 087
       自生地。 未だ付近に雪が多く、花の盛りは4月初旬でしょう。

フクジュソウ 098
       ミチノクフクジュソウ。 絶滅危ぐ?類(VU) キンポウゲ科。
  花径 2,5?3cm。 草丈 10?20cm。 分布 日本を含む東アジア北部。

ミチノクフクジュソウ100
 開花の途中。 この花の自生地は本州中部以北と九州の山地とのことだが、
九州では熊本県以外ほぼ絶滅状態。 開発と盗掘で自生地が急速に減少中。

フクジュソウ蕾 117
       ツボミ。 なんともいえずキレイです。 大きさ 1,5cm位。

フクジュソウ 128
     普通のフクジュソウ。 早朝の状態、日が陰ると花が閉じます。
 比較のため載せてみました。 フクジュソウの萼は花びらと同じ位の長さがあ
 ります。 一方 ミチノクフクジュソウの萼は花弁よりはるかに短い (上の蕾の
 画像をご覧下さい)。 他の違いはミチノクフクジュソウの茎は中空となってお
 り、フクジュソウには穴がないそうです。 なおフクジュソウ日本固有種



このブログ いいね! と思ったら ここをクリックお願いします。





スポンサーサイト




テーマ:花の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/677-ec37cb26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)