FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ルリビタキ・美しいコバルトブルーの若いオス

 私のウォーキングコースでは、今期 ルリビタキを沢山見かけました。 色が
キレイでスマート、時には近くまで寄れるので見て楽しい鳥です。


 成熟したオスの体色は、まさに瑠璃色、赤みを帯びた青。 ラピスラズリを
連想する見事な色です (2009,1,5 ブログご参照ください)。 若いオスはやや
淡い青、コバルトブルー。 これが成長と共に濃くなっていきます。

 春 気温の上昇とともに、ルリビタキは標高の高い山に移動し、低地では見
られなくなります。 夏に亜高山で繁殖し、晩秋に再び低地に降りてくるので
す。

ルリビタキ オス 012
                 ルリビタキ オス若鳥。

?ルリビタキ 028
 背の青と脇腹のオレンジ色がマッチしている。 キョトンとした目も可愛らしい。

飛ぶルリビタキ 001
        数分間 付き合ってくれた後、藪の中に飛び去りました。
     北風が及ばない里山の南斜面で、鳥と遊ぶのは至福の一時です。
     こんな自然が、孫、曾孫の世代と いつまでも続くことを祈っています。

ルリビタキ 028
  ルリビタキ メス。 オスとの比較のためUPしました。 若いオスはメスとの
   区別が難しいのです。 頭まで青いのがオス。 頭がベージュだとメスです。



このブログ いいね! と思われたら ここをクリックお願いします。

ウォーキング   2月23日  14,100歩   




スポンサーサイト




テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

先日植物園でカメラを持った人人だかり。
行ってみるとルリビタキを撮っていました。
遠くからだったのでカメラ越しに見せてもらいました。
綺麗な色をしていましたが、こんなに鮮明には見えませんでした。

野鳥の会からだしている野の鳥の本を買いました。
【2009/02/25 08:44】 URL | みかん #-[ 編集]

みかん 様

野鳥の会の本を買われたのですか。 御熱心ですね。
私はポケットに入るような野鳥ガイドブックを持っていますが、なかなか活用が出来ません。 まだまだ勉強不足で、恥ずかしいです。
【2009/02/25 21:38】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]

キレイですね。ルリビタキ って野鳥を初めて知りました。こんなに美しい色をしていたら、野山でも目立っているのではないですか?
【2009/02/26 18:09】 URL | チーム☆乙女 #-[ 編集]

チーム☆乙女 さま

そうですね。 オスはとても目立ちます。 猛禽類にも狙われやすいのでしょう。 物凄く すばっこしい上に、滅多に藪から出てきません。
【2009/02/26 21:18】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/657-ff346673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)