FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



マングローブ林の逍遥・まさに極楽

 マングローブとは 熱帯?亜熱帯地方の河口域の汽水(海水と淡水が混じ
る水) に生育する樹林です。 近年 地球環境に関連して しばしば耳にするよう
になりました。 マングローブは森林と同じように、いや それ以上に地球環境に
貢献しているらしいのです。

 また生物多様性という言葉も よく耳にするようになりました。 これに関して
も 最も多様な生物が住むという熱帯雨林を凌ぐかも知れません。 実はマング
ローブには 陸上生物に加え、多くの水生生物の住家となっているのです。
つまり水陸双方の生物を養っているわけです。

 でも残念ながら、森林同様 マングローブも現在 激減しているのです。
しかし日本ではマングローブについての言及は あまり多くはありません。
私も森は年中歩きますが、マングローブを歩くのは 今回でたった2回目です。

 一般人にはとても行き難い場所なのです。 わたしは幸い条件に恵まれ、見
ることができました。 どんな場所か ご紹介したいと思います。

マングローブ 243
 河口汽水域以外でも 波が静かな遠浅の内湾に マングローブ林は形成され
 るのです。 ここプーケット島 マハロ湾、バン・ロン湾には干潟のマングローブ
 がありました。 干潟海水の浄化に絶大の貢献をするようで、ここのマン
 グローブ林は まさに地球の宝です。 でも地元の人もその価値に気が付いて
 いないようです。

マングローブ 180
 朝のマングローブ林。 澄み切った爽やかな空気が 体中に沁み渡りました。

マングローブ 226

マングローブ 179
             この根を見て下さい。 支柱根といいます。

マングローブ 179

マングローブ 171
      かなりの大木も生えています。 澄み切った海水が印象的でした。



このブログ 良かったヨ! と思われたら ここをクリックお願いします。


 



スポンサーサイト




テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報


この記事に対するコメント

とに角、凄いの一言です。やはり行ってみたいでーす。
【2009/01/31 10:09】 URL | appochan #-[ 編集]

appochan さま

有難うございます。
プーケットは交通の便もよく 日本国内を旅行するより お値打ちだと思いますよ。
【2009/02/01 17:41】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/641-2452a0f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)