FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



椿の花とヒヨドリ

 ヒヨドリはスズメ、カラスと共に人間社会に最も順化した野鳥です。 多少の
木立があれば、大都市の中心でも住み着くので、誰でも知っていますね。
人との関わりも古く、平安時代には幼鳥から飼い馴らす風習があったそうで
す。 (飼い主を見分けられるようになるらしく、それを自慢し合ったようです。)

 ヒヨドリは、ヒーヨヒーヨと鳴く声が 名前の由来、という話がありますが、日本
人の感性が表れた ピッタリの名だと思います。

地球温暖化とヒヨドリの適応力が相まって、今では人里近くに住み着く留鳥で
すが、本来は渡り鳥。 源平の戦いで有名な 「ひよどり越え」 は この地が 渡
の季節に、ヒヨドリが沢山見られる場所だったそうです。

 現在では生息数が増え、鳴き声がうるさい、農作物を荒らすと、嫌う向きも
あるようですが、上手に付き合えないものでしょうか。
朝 6時45分、今ブログを書いているのですが、ヒヨドリの囀りが聞こえてきま
した。 朝一番の声が、特に爽やかに感じますね。

ヒヨドリ&椿 079

ヒヨドリ 172
        ヒヨドリは花の密、果実、虫など何でもよく食べています。

ヒヨドリ 128
  よく囀っています。 ウオーキング中 この声が聞こえないと物足りません。

2ヒヨドリ 068
      飛び立つ瞬間です。 シャッターのタイミングが上手く合いました。

ヒヨドリ054
  朝見る ヒヨドリはキレイです。 昼間見上げると 薄黒い影に見えてしまうが。



このブログ 良かったヨ! と思われたら、ここをクリックお願いします。

ウオーキング   1月16日  13,300歩






スポンサーサイト




テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

お早うございます。
ヒヨドリの爽やかな囀りが聞こえてくるような素晴らしいスナップですね。
【2009/01/18 06:50】 URL | appochan #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/635-9069a59a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)