FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



見たことのない熱帯の花・ネパール・ポカラにて

 ポカラで泊まったホテルはまるで植物園でした。 広大な敷地に様々な植物
が植えられていました。 滞在した11月16日、17日はネパールも冬に差し掛
かる時期。 でも亜熱帯性気候のポカラは 花がいっぱいでした。

 今日は私が初めて見た花たちを、お目にかけましょう。

シダレブラシノキ 223

シダレブラシノキ224
シダレブラシノキ (シダレハナマキ)。 フトモモ科。 原産地 オーストラリア。
これを見た時 オッ! 何だ? と思いました。
帰国後の調べで名が分かったのですが、まさにブラシですね。

キンレイジュ203

キンレイジュ204
キンレイジュ。 英名 Yellow bells。 ノウゼンカツラ科。
原産地 メキシコ、西インド諸島。
本当にベルのような形の花です。 ビッシリと花を付けた3?4mの樹が
沢山植えられ壮観でした。 香りも良いようです (私は嗅覚がダメで残念)。

テングバナ 222
テングバナ。 クマカズラ科。 原産地 インド、ヒマラヤ。
まさにピッタリの名ですね。 図鑑で名を知った時、思わずニヤリとなりました。
以上3種の花は沖縄地方で、結構見られるようです。
日本名があるのはそのためでしょう。

現地特産種 217

現地特産種 215
Cotoneaster simonsiitという植物らしい。 これは実です。
インド北部からヒマラヤが原産地の半落葉低木。
花はピンク色を帯びた白。 花期は夏。 形が面白く 密生した実が
キレイでした。 食用になるかは不明ですが。



今日のブログ 良かったヨ! と思われたら ここをクリックお願いします。

ウオーキング   12月10日 10,500歩  11日 14,100歩








スポンサーサイト




テーマ:花の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

ブラシの木は見かけますね。
テングバナとその下のややこしい名前の木はしりません。
沖縄にある木があるということは暑い気候ですか?
寒い所だと思ってました。
朝夕の寒暖の差が大きいのでしょうね。
【2008/12/16 09:06】 URL | みかん #0zcuN3Us[ 編集]

みかん 様

ネパールというとヒマラヤの高峰が先ず頭に浮かびますので、私も寒い所と思っていました。
旅行準備のため調べてみると、緯度は沖縄とほぼ同じ。 首都カトマンズは海抜 1300mなのですが、気温は年間 東京とほぼ同じでした。
南部の低地は海抜200m程。 ここは亜熱帯というより、熱帯に近いようです。
実際に旅行していて、多様な気候を体験しました。 2500m迄登った時は寒かったです。
【2008/12/16 19:55】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/611-58f353e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)