FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



黄金の輝きと信者の熱気に満ちた 仏教寺院・ゴールデンテンプル

 パタン市 ダルバール広場の北 200?300mにチベット仏教の流れをくむ
名高い仏教寺院 ゴールデンテンプルがあります。 正式にはヒラニャ・ヴァナ
ル・マハヴィハール寺院と云いますが、この名は殆ど使われないようです。
 現地のガイドさんはネパールの金閣寺と言っていました。 日本人にうける
冗談でしょうが。

 私達がここを訪れた11月16日は 「Koti Home」 といわれる祭礼の日に当
たり、押すな押すなの大盛況。 大勢の仏徒が集まっている所に 観光客も押し
掛けたので、芋を洗うような雑踏となってしまいました。

 12世紀創建の由緒ある建物や 仏像を つぶさに見るのを楽しみにしてい
たのですが、とても無理な状況。 残念でしたが このようない祭りに出会える
のも全くの幸運。 その熱気を 辛うじて写させて頂きました。

ゴールデンT111
思ったより小さな寺。 狭い入口を入るとお堂の周りに沢山の信者が座り、
一心不乱に読経中。

ゴーデンT122
この様子を回り込んで見る。

ゴールデンT119
人込みをかき分け 本堂の前まで来たが、人が詰まってこれ以上進めない。
後ろを振り返ると もうもうたる煙。 護摩を焚いているのでしょう。

ゴールデンT118
回廊の人達。 人人人で動けない。 信者の熱気がむんむん。

ゴールデンT 134
正面の三重塔が本堂。 狭い境内が満員なので 引いて全景が撮れない。

ゴールデンT125
ようやく仏様を安置している小部屋を覗けた。 ここはこれで遠慮しました。

曼荼羅135
入口の天井にある曼荼羅。 これも名高いものだそうです。

大画像も用意しました。 [続きを読む] を開き、サムネイルをクリック願います。



今日のブログ 良かったヨ! と思われたら ここをクリックお願いします。

ウオーキング   12月6日 7,200歩  7日 13,400歩









拡大用 111

拡大用 112


スポンサーサイト



テーマ:外国の風景 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/607-f2f62aaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)