FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



サンスクリット語で・美の都・と言れた古都パタン

 旅行の3日目は世界遺産古都パタン探遊です。 この街は古くから仏教が
栄え、今でも住民の80%が仏教徒だそうです。 (ネパール全体では、ヒンズ
ー教徒 81% 仏教 11% イスラム教 4%)

 私たちは時間がなく行けなかったが、紀元前3世紀にアシューカ王が建てた
というストーパ (仏舎利塔) が街の郊外にあるらしい。

 この街は 今日のタイトルのように古くから美の都と呼ばれ、町中が美術品
のような佇まいを持っています。 住民は殆どがネワール人といわれる民族。
紀元前からカトマンズ盆地に住み付いており、彫刻、絵画などの芸術に秀でて
いました。

パタン王宮前 237
  ダルバール広場。 マッラ王朝の最盛期 16?18世紀に造られたもの。
         東側に旧王宮、西側には数多くの寺院が建ち並び、
             さながらネパール建築の見本市です。

パタン 王宮前221
  上の写真はこの広場を南側から撮ったもの。 これは北から見たものです。

クリシュナ寺院229
クリシュナ寺院。 17世紀の建築。 ネパールでは珍しい石造りの寺院。
一つの大きな石をくり抜いて作ったそうだが、チョット信じられない。
二階にはクリシュナ、三階にはシヴァ、というヒンズー教の神。
四階には仏陀が祀られており、混合寺院のようです。

パタン クンベシュワール寺院213
クワンシュベール寺院。 1392年創建。 17世紀に5重の塔に改築された。

パタン王宮 235
旧王宮。 カトマンズやバクタブルの王宮より古い歴史を持ち、
主要部分は17?18世紀に造られた。

パタン博物館前233
パタン博物館。 王宮の一部を改装したもの。神や仏の像、装飾品を展示。

パタン博物館内232
博物館内部。

次回には この街でもっとも有名な仏教寺院、極楽浄土の世界は かくやと
言われるゴールデンテンプルのお祭りをUPしたいと思っています。



今日のブログ 良かったヨ! と思われたら ここをクリックお願いします。










スポンサーサイト




テーマ:外国の風景 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

ランキング2位おめでとうございます。
チベット旅行良いですね。
悪にまみれず、清々しい国の姿を
残してほしいですね。
【2008/12/07 14:58】 URL | 侘び助 #-[ 編集]

済みません・・・先入観で勝手にチベットと
ネパール 憧れと暮らし良さとは違うでしょうが
行ってみたいところ・・・夢の夢~
【2008/12/07 15:04】 URL | 侘び助 #-[ 編集]

侘び助 さま

いつも応援有難うございます。
お陰様でランキングが2位まで上がりました。 私のような老骨には 夢のような出来事です。
この成績は偶々のフロックと考え、これからも無理せずマイペースで、週に最低3回位ブログUPして行きたいと思っています。

私もしばしばネパールとチベットは混同していました。 今度の旅行で、ようやく違いが分ったような気がします。
【2008/12/07 20:45】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/606-8add7ee5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)