FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ローマ一人歩き 2 バチカン

       カソリックの総本山 サン・ピエトロ寺院

 出発前に ローマについて詳しく調べた結果、旧市街の広さは直径10km程でした。
絶対に行きたいと思っていた所も、前述のターミナル、フラミニオ駅から、ほぼ10km
の範囲にあることがわかった。
これなら自分の足で歩き回る事ができそう。街の様子にも興味があるし、乗り物を
利用する必要もなさそう。シメシメ。

 いよいよ出発。 機内泊、早朝着のローマ1日目は、予約したヴィラから駅までの
バス、電車、地下鉄など、交通の試し乗りをリハーサルしただけで、この日は静養。
翌日からのスタミナ確保を図る。

 いよいよ今日から見物です。 行ってみたい場所から 順に廻る事にします。
先ず ヴァチカン市国。ここはローマ市内にあって、東京デズニーランド位の広さ、これ
でも独立国。街全体が世界遺産です。

 実際の行動は、ヴァチカン博物館を先に訪れたのだが、世界中で10億人といはれる
カソリック信者とローマ法王に敬意を表して 先ずサン・ピエトロ寺院から書く事にします。

20060726091919.jpg
 入り口から十数歩中に入る。思わず感嘆のため息が。写真いずれも 2005,6,14 撮影

 寺院正面から内部に入って唸ってしまった。なんという圧巻だ!! さすがカソリックの
総本山。圧倒的な豪華さの中にも、洗礼された文化と精神性が快い。
ノーフラッシュなら撮影もOK、これにも感謝感激でした。
 ここについての説明と外部の写真は専門家に任せ、私は内部の写真のみにします。

20060726093841.jpg
 「ブロンズの天蓋」 ベルニーニ作。高さ29mもある、法王が説教をする所だろうか。

20060726094352.jpg
    何のための行列だろうか。問いかけてみたが、言葉が通じなかった。

20060726094740.jpg
  あまりにも有名な ミケランジェロ作の 「ピエタ像」 観光客の多さに接近を諦めた。

20060726095152.jpg
    観光客でごったがえす中で、一心に祈る神父。私の心を強く打った。

           ウオーキング  7月25日  12,000歩

スポンサーサイト





この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/60-bfce0260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)