FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ヤマラッキョウの花とアサギマダラ・ 晩秋の葦毛湿原

 東海地方特有の湿原植物の宝庫 葦毛湿原の花たちも ヤマラッキョウ
ウメバチソウ
でどうやらフィナーレのようです。 今回の訪問ではヤマラッキョウ
が花の数とユニークさで抜きん出ていました。

 また渡りをする蝶として有名なアサギマダラが数匹飛んでいたのには驚き
ました。 この湿原がある豊橋市は本州では暖かい場所の1つなので、南に渡
らず ここで越冬するのかも知れません。

 ではヤマラッキョウをお目にかけましょう。 以下は全て 10月29日 撮影。

ヤマラッキョウ 011

ヤマラッキョウ 236

ヤマラッキョウ 012
ヤマラッキョウ ユリ科。 花径 ?cm以下 (1つの花の大きさ7mm位)
草丈 30?50cm。 分布 日本の福島県以西と東アジア。 花期 9?11月。
山地に育つ野生種のラッキョウです。 食べられないと云われていますが、
山菜として食用にする地方もあるそうです。 花の形がユニークで面白かった。

次はアサギマダラ。 スズカアザミの花に来ていました。
晩秋に この蝶を見ると、はかなげで健気に感じましたが ・・・・。

スズカアザミ 128



今日のブログ良かったヨ! と思われたら ここをクリックお願いします。




スポンサーサイト




テーマ:花の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

はじめまして!
こんなに美しい花があるんですね~

私も地球の未来には胸騒ぎを感じます。
なんとかいい方向にして行ければなあと思います。

私もウォーキングをしています。
自然に出会えて、体にもいいですよね!
【2008/11/08 07:41】 URL | 海原 美海 #-[ 編集]

海原 美海 さま

コメント有難うございます。
ウオーキングは楽しんで健康増進にもなり、一石二鳥ですね。 しかも安上がり。 好いことずくめだと思います。

でも毎日歩いていると 自然の綻びが いやでも見えてきます。 それで 私は自然保護のボランティアをしているのですが、なかなか思うようには成果があがりません。、
【2008/11/08 19:52】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]

お早うございま~す!
ブログランキングにv-218
花って本当に美しいですねv-237
それにしてもヤンジジは学者のように詳しいですね。感心しています!!
【2008/11/09 06:00】 URL | appochan #-[ 編集]

こんばんは。
以前アサギマダラの記事をここで拝見してコメントした後、
10月20日ごろにわが家の庭のフジバカマに彼らが飛来しはじめました。
でも、今年はあまり長逗留はせず、1週間か10日ほどで姿を見せなくなりました。
急に寒さが北から押し寄せて、南へ去ったかのようです。
それにしても、まだそちらでアサギマダラが見られるとは、面白い現象ですね。
【2008/11/10 02:20】 URL | 石丸 #O0D67SJw[ 編集]

appochan 様

いつも応援 有難うございます。

実際は詳しい知識など 無いのです。 でも折角ブロブUPするのなら、なるべく正確なデーターを付けた方が良いかなと思って、図鑑やネット上で調べています。


石丸 さま

コメント有難うございます。

アサギマダラは 未だ謎が多いようですね。 美しい姿、ロマンのある生態、興味惹かれる生き物ですね。
【2008/11/10 06:53】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/590-66c9f21f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)