FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



氷河期から生き続ける日本固有種・イワショウブ他

 葦毛湿原訪問で最も美しいと思ったのはイワショウブでした。 姿、色どれ
をとっても抜群で 私の好きな花の一つになりました。
後の調べで 氷河期に誕生し、現在まで生き続けている貴重な植物で しかも
日本固有種だと知り、ますます愛おしさが増しました。

 この湿原には 今回の見学で見られた花たちの他にも、カザグルマ、トキソウ、
ノギラン、スイラン、サギソウ、ウメバチソウなどかねてから見たいと思っている
花が咲く事を知り、これから 四季折々の葦毛湿原通いが私の慣例となるでし
ょう。

 花を見たいのが 正直な所なのですが、この湿原保護の取り組み方も勉強し
たいと思っています。 私たち岐阜金華山の森を守るボランティア活動の参考
に。

イワショウブ 030

イワショウブ 132
イワショウブ。 ユリ科。 花径 約1cm。 草丈 20?40cm。
花期 8月中旬(高山)?9月末。
氷河期には世界に広く分布していたようだが、今は日本の亜高山に残存。
南限は広島県、愛知県には葦毛湿原のほか渥美半島、知多半島等の低地
にも生育しているらしい。 別名 ムシトリゼキショウ。 花から分泌する粘り気
のある液体で虫を捕らえるそうです。

サワヒヨドリ 137

サワヒヨドリ 140
サワヒヨドリ。 キク科。 草丈 50cm位。
湿地や湿り気のある草原に生育。日本全国と東南アジアに分布。
秋の七草のフジバカマにそっくり。 帰りがけに公園の掲示板を
見て初めて気付きました。 フジバカマは葉が3裂なのだそうです。

以上で葦毛湿原シリーズを終わらせて頂きます。 写真は全て9月28日撮影。



今日のブログ良かったヨ! と思われたら ここをクリックお願いします。

ウオーキング   10月22日  8,100歩




スポンサーサイト




テーマ:花の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

はじめまして。
野の花は心が和みますね。
当地ではアザミも彼岸花も終わり野の花も一服状態です。ちらほら野菊が咲き始めました。
【2008/10/24 13:50】 URL | まさやん #AoFLBPj6[ 編集]

こんばんは
早速 お邪魔しました。大好きな山野草の事が一杯で楽しく見させていただきました。
私も10月中旬に立山に行きましたが、どこかですれ違っていたかも、、、。
バナーピポッとして帰りますね
【2008/10/24 21:09】 URL | うばゆり #-[ 編集]

まさやん様

コメント有難うございます。
そうですね。 これからは山野草が減って淋しくなります。
しばらくは紅葉を楽しむことにしましょう。


うばゆり様

今年の立山の紅葉は見事でしたね。
キットどこかの山でお会いするでしょう。 今後ともよろしくお願いします。
【2008/10/25 07:32】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/580-d3fbd9d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)