FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



伊吹山お花畑のフィナーレ ・ リンドウなど

 今週は伊吹山のリンドウがおそらく最盛期を迎えるでしょう。 年によって多少のズレ
はありますが、リンドウの開花は9月初め、10月20日頃まで花が続きます。
50年前頃は平地でも普通に見られたのですが、農地を取り巻く環境の変化と 後の
耕地放棄や里山の荒廃によって、今では限られた場所にしか見られなくなりました。

 この花が終わると伊吹山の華やかさも終わり、晩秋の気配が濃くなります。
今日で伊吹山花のシリーズは終わりですが、UPが遅れたトモエシオガマと共に
お目にかけましょう。 これらの画像は約2週間前 9月9日に撮影したものです。

トモエシオガマ 035

トモエシオガマ 011
トモエシオガマ。 ゴマノハグサ科。 草丈 20?50cm。
シオガマギクの変種で、中部以北の山地、亜高山に分布。 時計回り 巴状に
花が咲く。 伊吹山頂付近には沢山咲いているが、他に目立つ花が多いので、
あまり注目されていない。

マツムシソウ 081
マツムシソウ。 マツムシソウ科。 花径 約4cm。 草丈 60?90cm。
初秋の高原を代表する花です。 この高山型変種がタカネマツムシソウ
両者とも山を飾る最も美しい花でしょう。
(タカネマツムシソウは 2008/8/13ブログを ご参照ください)

リンドウ 046
リンドウ。 (この花の説明は 2007/10/11ブログをご覧ください)
リンドウ群落 080



今日のブログ良かったヨ! と思われたら ここをクリックお願いします。

ウオーキング   9月20日  15,300歩





スポンサーサイト




テーマ:花の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/557-5dba27b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)