FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



給水ボランティアに参加

          金華山の防火用水に水を補給

金華山の自然保護をめざす ボランティア団体 「金華山サポーターズ」
については、5月10日のブログでご紹介しましたが。
この団体には 「保護、保全」 「学習、調査」 「啓発、案内」 「広報」の
グループがあります。その保全活動の一つに、防火用水の水の補給
があります。蒸発などで減った分を補うのです。

 私はグループが異なるので、今回が始めての参加です。暑さのせい
か人数が足りないと聞いたからです。
目的地は5月16日の金華山ガイドで紹介した、高鼻ハイキングコー
ス稜線の東端。最も遠い場所。

 15日 朝9時出発。この時すでに気温は26度を超えていました。
いつも山に入ると涼しいのですが、この日はさすがに暑く、背負った水
の重さが少々堪えました。下山後 気温を見ると36度。
 2リットル入りのペットボトルを 5本も背負っている若い女性の会員
が居て、そのファイトとスタミナには脱帽でした。参加者中の最高年は
75歳。私ももっと頑張らなければ。


    (注、2004年4月にも金華山南斜面でタバコによる火災が発生しました。
     決められた場所以外の喫煙は危険です。)

20060717062958.jpg
               谷間を行く。この後の登りがきつかった。

20060717064642.jpg
            防火用水に水を注ぐ。ヤレヤレこれで軽くなる。

20060717065347.jpg
   目的を果たして一安心。で、ハイ チーズ。撮影者の私を入れて10名でした。
   (ブログの写真掲載は、皆さん快くOKしてくれました。)

             ウオーキング   7月16日   7,600歩
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

ヤンジジさん、皆さん、ご苦労様でした。

こういう活動が定着し、自然を愛する人たちが増えることをお祈り致します。

みなさん、ええ顔をしていますよ。
【2006/07/17 14:07】 URL | 釣りじいさん #-[ 編集]

皆さん、ご苦労様です。
雨水を利用した設備を建設出来ないものなの
でしょうか?山で火を使ったら、消化に心掛ける
のが基本なんですがね…
【2006/07/17 20:19】 URL | 海山人 #-[ 編集]

皆さんの活動が、自然を守っているんでしょうね
ご苦労様でした
【2006/07/17 21:06】 URL | 温思の母 #OfYUOQ3Q[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/55-04a94de0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)