FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ワタスゲの当たり年・立山弥陀ヶ原

 室堂トレッキングの翌日 (7月25日) 標高1600?2100mの弥陀ヶ原を歩きま
した。 ここでもナチュラリストのガイドさんに案内をお願いして。

 弥陀ヶ原は立山の主峰 (立山は火山ではない) 雄山の隣にある 室堂山を中心と
する火山 (立山火山という。 その殆どが陥没して、現在山容を確認できない) の溶
岩が500mも積み重なった溶岩台地で、水捌けが悪い場所は湿地となり、数千も
地塘 (チトウ) が点在する。

 またアオモリトドマツの森は学術的価値が高く、林野庁の 「植物群落保護林」に
されている。

 私が買った立山の花のガイドブックには、室堂の花 25種に対し、弥陀ヶ原は53
種が載っており、花が目的ならば弥陀ヶ原が本命かもしれない。

ガイドさんは お会いすると 開口一番 「今年はワタスゲの当たり年です」 という嬉し
い言葉を口にされた。

ワタスゲ&池塘 289
 弥陀ヶ原のほぼ中央部、無数に点在する地塘周りにワタスゲが乱舞していた。

No2ワタスゲ 275
             風にそよぐワタスゲ。 心和む風情です。

   これは実です。花は雪解けとともに咲くそうです。 黄色の地味な花らしい。
ワタスゲ。 カヤツクリグサ科。 草丈 30?50cm。
分布 中部地方以北?北海道,、アジア、ヨーロッパ、北米の高層湿原。


木道 348
弥陀ヶ原には自然保護のため このような木道が巡らされており、この道以外
立ち入り禁止。 いくつかのコースがあるが、花が多く見られる 楽な道もあります。



ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。




スポンサーサイト




テーマ:花の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

こんにちは。
コメントありがとうございました。
時々、訪問させていただいてましたよ。
立山のトレッキングは、いつも計画倒れで、実現できていません。
素敵な写真で少し様子がわかりました。
今すぐ、高山植物、雷鳥に会いにいきたくなりました・・・。
【2008/08/09 14:24】 URL | 森に暮らすひまじん #-[ 編集]

森に暮らすひまじん 様

Reコメント頂き嬉く思います。
自然や植物がお好きな方は立山が必ず好きになります。 是非お出かけになることをお勧めします。

夏も良いですが、秋も素晴らしいですよ。
【2008/08/10 06:28】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]

私も立山に行きたい1人です。
秋もいいですか?
どこに泊ればガイドツアーに参加しやすいのでしょうか?
空きは天候が如何でしょう・
【2008/08/10 15:32】 URL | みかん #0zcuN3Us[ 編集]

みかん様

秋の立山は天気の変化が激しいようです。 平日はそう込み合うことも無いようですから、予報を見て なるべく間際に日程をお決めになる事をお勧めします。
室堂は9月20日~末、弥陀ヶ原は10月上旬~中旬がベストのようです。 でも4年前 10月15日の弥陀ヶ原で突然の大雪に会い身動きできなかった経験があります。
ナチュラリストのガイド受付は弥陀ヶ原はバス停前の国民宿舎 立山荘、室堂は富山県立立山センターですから、泊まる所はそのどちらか。 または中間にある天狗平などに10ヵ所位、ホテル、山小屋があるので、足場として好適です。
もっとご質問があれば、「管理者だけに表示を許可する」 として、メールアドレスをお知らせしますので、ご遠慮なく お申し出ください。
【2008/08/11 09:05】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/525-2aef9ff8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)