FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



神秘の鳥 サンコウチョウ その後

 先月初め 生まれて初めて出会い、6月14日に卵を抱く画像をゲットした三光鳥
その1週間後にブログアップしましたが、雛の誕生が待ち遠しかったです。
長年観察を続けてきた地元の方の話では、雛の誕生は25日前後との事。 私は
その後現場行きを控えました。大勢のカメラマンが近くをウロウロしていたからです。
 
 2日間の大雨が止んだ24日の早朝 心配で現場まで行きました。 しかし親鳥の姿
が見えません。 小一時間待ちました。抱卵中はオス、メス交替で10分とは巣を空け
なかったのに。  5?6人 人も集まってきました。 聞くと1?2日前に雛は孵ったらし
い。 皆心配そうです。

 ともかく私はサンコウチョウを探しに山に入ることにしました。 約30分後 巣から
500m程の樹間でオスの成鳥を見つけました。 雛の親かは ですが。

枝の上で 004

樹間で 110
姿を見て一安心。 それにしても樹間の鳥は撮り難いですね。
この後 巣の近くに戻りましたが、鳥の気配は無く、人の姿も消えていました。
雛に異変が起きたに違いありません。

三光鳥巣 061
サンコウチョウの巣です。 でも雛がいる気配はありません。

翌日も祈るような気持ちで現場に出かけました。 近くに居たウオッチャーに聞くと、
雛はヘビにやられたらしい」 との話です。 巣に損傷が見当たらないのはその為か
と思いました。 それにしても前年は3羽が巣立ったというのに 残念です。

 今年は金華山のハヤブサも子育てに失敗しました。 環境変化が原因でなければ
よいのですが。
近年ウオーキング愛好者、野鳥撮影が趣味の人が増えました。 自然に親しむ方は
歓迎すべき存在なのですが、現実には これが自然破壊に直結しているのです。

自然を守るボランティアとしてジレンマに陥っています



ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト




テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/494-b56e3b58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)