FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



美声の野鳥インドハッカ・プーケットで最も目につく鳥

 プーケットに行くと 誰でも一度は目にする鳥です。 ホテルの庭、街路、林など
何所ででも見かけます。 人の接近もあまり気にせず、数や生活振りも ちょうど日本
のカラスといった存在でしょう。 雑食性で 食事を野外で摂っていたら、この鳥に盗
られたという話も耳にします。 不思議とカラスは見かけません。

 姿は好き嫌いがあると思いますが、鳴き声は素晴らしい。 ピーヨ ヒヨヨヨヨと聞え
ます。 プーケッケット滞在中 私は毎朝 野鳥の鳴き声で目を覚ましますが、声の多
くは インドハッカのようです。

 鳴き声の良さから世界各地にペットとして輸出され、逃げたこの鳥が定住している
ケースもあるそうです。 繁殖力が強そうな鳥なので、固有種保全に問題が起きる
可能性が懸念されます。

プロンテップ岬 336
プーケット島最南端 プロンテップ岬。 夕日を見る名所です。 磯の大物釣り場と
しても通人には知られています。 ふと見ると、梢にインドハッカのペアがいました。

インドハッカ 339

インドハッカ 340

インドハッカ 346

インドハッカ 347

インドハッカ 349

 岬の先端からの帰り、崖を登っていると 目の前にインドハッカがいました。 シメタ
と連続撮影。 最後のショットが惜しかったです。 もう何分の一か遅ければ 羽が広
がった姿が撮れたのですが。 この鳥は飛行中、羽の下の白い部分が 風車のよう
に回転して見え、とてもキレイなのです。 それを狙ったのですが。

7,5,20~29インドハッカ 271
インドハッカ (タイ名 ノ・ヤン)。 スズメ目 ムクドリ科。 体長 23?25cm。
インド、アフガニスタン、中国南東部、タイ、マレー半島などに広く分布。
(この写真のみ 前年5月 撮影)


ウオーキング   5月30日  11,700歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト




テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/470-716623a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)