FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



モズ (百舌鳥) ・小さな猛禽

 幼い頃には 住まいの近くにあった小石川植物園 (東京 文京区) でよく遊んだ
ものです。 その時バッタや蛙が、木の枝に刺さって干物のようになっているのをよく
見ました。 これはモズという鳥の仕業で、早贄 (はやにえ) というのだと教えられ、
怖い鳥だなと思っていました。
 
 最近 写真を撮るため、鳥の姿を探すようになったのですが、モズの姿も、早贄も
見掛けません。 バッタや蛙は農薬の影響で数が激減したのは確かですが。 肉食
モズもワシやタカと同様 数が減っているのかも知れません。

 モズは気温が上がると高原などに移動し、平地では見られなくなります。 不満足
な画像ですが、とりあえず今ある画像を 今日アップすることにしました。

モズ 020
モズ。 オス。 嘴の先をご覧ください。 ワシやタカと似ています。

モズ 065
この時双眼鏡を持っていなかったので、ハッキリとは分かりませんが、早贄の
ようです。 もっと鮮明な画像を撮ろうと、3ヶ月 粘ってみましたがダメでした。

blogモズ 060
モズ。 メス。 目を通る線が雄は黒いです。 雌は不鮮明。

スズメ目 モズ科。 大きさ 20cm程。 分布 東アジア。 
日本では留鳥ですが、冬 暖地に移動するものもいるそうです。

モズ (百舌鳥) という名の由来を調べると、種々の鳥の鳴き声をマネするので、
百舌(ももした) → モス→ モズ となったそうです。
秋にキイキイと甲高く鳴くのは知っていましたが、物まねをするとは驚きです。
是非聞いてみたいものです。


ウオーキング   4月23日  11,300歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト




テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

秋が瀬公園で昨年見かけました。
小生のぶろぐにも載せておりましたが
いつごろだったか忘れました。

今年の秋が瀬は鳥の姿が少ないですね。
【2008/04/25 21:13】 URL | 気ままなおじさん #-[ 編集]

ヤンジジ さん、コメントをありがとうございました。コメントは初めてですが、「身近な自然(http://tbp.jp/tbp_4804.html)」でときどき拝見しています。

ハナカイドウは毎年、赤星病に辟易していますが、大丈夫ですか。

ずっと昔、まだ近所に住宅がまばらだった頃、生け垣のカイズカに、トカゲらしいモズの早贄を見かけたことがありました。
【2008/04/26 06:23】 URL | 古希じい #j9sz4Fj6[ 編集]

気ままなおじさん様

そうですね。昨秋から今春まで、岐阜でも冬鳥が少なかったです。 野鳥の会の人たちも心配していました。 地球温暖化の影響が憂慮されます。

古希じい様

ハナカイドウは未だ木が若いせいか、病気は大丈夫そうです。
庭の手入れも 細かく気を使うと大変ですね。 我が家ではなるべく自然にまかせています。
【2008/04/26 10:59】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/447-1be8c652
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)