FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ボンドゥ孤児院プロジェクト 5

            自前の学校を作る計画で悩んでいます

 私たちの運営している孤児院の子供たちは、コミラ村の学校に通っています。
ところが、机、いす、教科書も満足にありません。先生すら、度々休んで学校に来ない、
という状態なのです。しかも、この学校では、イスラムの宗教のみを教えている事がわ
かりました。(注、バングラデッシュでは、6?10才まで5年間が義務教育期間)
ですから孤児院での教育が大切なのです。むしろ、こちらの方が主な学習時間となっ
ています。

 もう一つ問題が出てきました。大都市のダッカで孤児院を運営していた時と異なり、
コミラに孤児院を移転して以来、村の子供と孤児院生の生活格差が、目立つようにな
りました。孤児院の子供の方が、はるかに良い生活をしているのです。
これでは同じ村の中で、仲良く共存していくことが難しくなってきます。このような状態
なら、この村の子供達も含めて、いっそ、自前の学校(私立校)を作りたい。
いや そこまでやらないと、せっかく育てている子供たちを本当の意味で、この国に役
立つ人間に育成できない。

 はたして、経済的に運営していく事ができるかな? と思い悩んでいるこの頃です。

 20060628202515.jpg
   孤児院生の記念写真撮影を見る 村の子供たち。 村の子供は裸です。(右)

     ウオーキング  6月28日  早朝 4,500歩  夕刻 6,100歩
岐阜市は今日32度まで気温が上がりました。予報が出ていましたので 2回に分け
て歩きました。

スポンサーサイト





この記事に対するコメント

ご夫婦で素晴らしい活動をされていらっしゃるのですねv-421
頭が下がりますv-435
生半可な覚悟では出来ないことだと思います。

色々難しい問題もあり大変な事と心中察するに
余りあります。

現在のおれは自分と家族の生活でほんとに
目一杯ですがv-406また何かご協力できる事が
あれば是非お手伝いさせてくださいv-421
何よりヤンジジさんも奥様もお身体には
気をつけてご自愛くださいませv-421
【2006/06/30 16:38】 URL | こじぞう #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/43-90bc94f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)