FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



早春の花・ミツマタ

 今年は春の訪れが少し遅いようです。 私の散歩コースに咲く ミツマタの開花も
10日ほど遅れ、ようやく綻び始めました。

ミツマタは古来 高級和紙の原料として用いられてきました。 現在も その丈夫さと
質感から、1万円札に使われているそうです。 5千円札はコウゾという植物を原料
とする和紙を使っているらしい。

 和紙は優れた特性を持つ貴重な紙ですが、量産できず 高価なのが残念です。

クローズアップ,ミツマタ 039
    開きかけた花。 中央部分は まだ蕾。 園芸用には赤い花もあるそうです。

群落,ミツマタ 064
             満開までは まだ1ヶ月近くかかるでしょう。

枝別れ,ミツマタ 060
         全ての枝が三叉に分かれているので、ミツマタです。

 
今日は紙と地球環境問題に触れてみたいと思います。
現在世界の森林が急激に減少し、大問題になっていますね。 その多くの部分が紙
の原料 パルプを得るためです。 (ブラジルではバイオ燃料用のトウモロコシ畑を作
るために、アマゾンの森林伐採も進んでいるようですが)

 紙は文明の発達に比例して、うなぎ登りに増えてきました。 これが地球温暖化に
大きな影響を与えています。 今後も中国、インドなど発展途上国で消費が飛躍的
に増えることになるでしょう。

 そこで日本の和紙製造技術を活かし、バナナの茎 (全て廃棄処分されています)
から紙を作る研究が進められています。
バナナペーパーと呼んで、ハイチ、ジャマイカ、ガボンなどの国で実用化を試みる
プロジェクトを、3年前の 「名古屋 愛地球博」 で見た記憶があります。

名古屋市立大学の開発技術をODAとトヨタ財団が支援していました。

 この技術開発が進み、トウモロコシの茎なども利用できるようになれば、地球環
境面ばかりでなく、低開発国の産業振興に画期的な朗報になるでしょう。 もし量産
技術が確立すればノーベル賞ものだと思います。関係の方々にエールを送ります。

 同時に日本の製紙会社に一言。 一体何をしているのですか。 植林で環境保護に
貢献しているなどとPRするのでしょうが、当たり前の話です。 古紙混入率を業界ぐ
るみで誤魔化す事などに神経を使っていると、会社の存続自体が怪しくなりますよ!


ウオーキング   3月1日 6,800歩  2日 15,300歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト




テーマ:地球温暖化・地球問題について考えよう。 - ジャンル:ライフ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/416-861c2707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)