FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



エメラルドグリンに輝くヨシガモ・私が好きな水鳥

No1,ヨシガモ 286

 私が野鳥に興味をもってから1年と少し、冬鳥が渡ってくると、近くの水辺を歩くこと
が多くなりました。
岐阜市の北近郊は、濃尾平野の北端に当り、長良川水系の支流や池が多いのです。
幸いにも 昔ながらの自然が所々に残っています。 

 今日お目にかけるヨシガモはその中でも極め付きの自然環境が存在していると
思われる場所だけに住み着いています。 数がすくないためか、準絶滅危ぐ種に指
定している県もあります。

鳥羽川 043
 岐阜の街外れ、近くの里山の水を集めて流れる川です。 ここにはコンクリート護
 岸が無く、岸辺にはススキなど萱系の植物が密集しています。
 ホオジロ、ムクドリ、セキレイ、カワセミなど多種類の野鳥が見られますが、水鳥
 もカモ類、サギ類などが沢山住んでいます。

ヨシガモペアー 203
 ヨシガモのペアー。 この辺りには500羽ほどのカモが住んでいるとのことです
 が、ヨシガモは20?30羽だけでしょう。 数は少なくても 「ヒュルリッ、ヒュルリ」
 と高く愛らしい声で鳴くので、居ればすぐ分かります。
 数が多いのはマガモ、ヒドリガモ。 コガモ、ハシビロガモも少数見られます。

ヨシガモ後姿 216
 頭の色が何ともキレイですね。 風切り羽が後部で垂れ下がっているのも特徴で
 す。(始めの画像参照ください) 主に水草を食べているようです。

ハシビロガモ夫婦 405
 ハシビロガモのペアー。 独特な嘴で水草などを掬い取って食べるそうです。
 全国的には比較的容易に観察できるようですが、ここでは僅かしか見掛けず、
 満足な画像は撮れていません。

カモと水辺 068
 ここの岸辺にはガマトラノオ、堤にはススキなどイネ科の植物が沢山生えて
 います。 これらは鳥たちの格好な隠れ場所となり、大気や水の浄化に役立って
 います。 温暖化防止に寄与しているわけです。


  夏 ここに来るとコンクリートだらけの街中より 3?4℃、涼しく感じます。 鳥たち
 が住みやすい環境は、人にも優しいのです。 ここでは水辺の植物育成も行われ
 ているようです。

  ススキには温暖化防止に大きな効用があるらしいという研究が最近発表され
 ました。 これについては、長くなるので改めて書くことにしましょう。



ウオーキング   1月28日  16,900歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト




テーマ:自然の中で - ジャンル:ライフ


この記事に対するコメント

ナポレオンハットの美しいヨシガモさんですね。
頭の色もメタリックで美しいですが 胸の模様がなんとも言えずに素敵なカモさんですよね。

動物にやさしい環境は人間にも優しいのですよね。
こういう風景 なくしたくないです。
【2008/01/30 15:44】 URL | pole pole #0/9lwY.w[ 編集]

pole pole 様

そうでしたね。ヨシガモの頭が、ある人の帽子に例えられていることを、忘れていました。

このような場所は、日本各地に 結構あようですが、大切さに気付いていないケースが多いと思います。
【2008/01/31 19:50】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/396-cbdc2027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)