FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



バングラデッシュでサイクロン被害、孤児の増加の懸念

 私たちは1993年からバングラデッシュで孤児院を運営しています。 早いもので もう
14年が経過しようとしています。
今度のサイクロンでは孤児院の被害はありませんでした。 ご心配くださった方々有難
うございました。

 バングラデッシュはパキスタンからの独立戦争などで疲弊し、度々発生した自然災
害 (洪水 サイクロンなど) で多数の人命が失われ、より 経済が悪化しました。 親を
亡くした子供が多く、父親が亡くなると母親のみでは子供を養えません。
そのため首都ダッカだけでも、30万人ものストリートチィルドレンが街を さまよって
います。

 この子供たちを少しでも助けようと、私たちはこの活動を続けています。
今年も6月から度々洪水に襲われ、11月15?16日には大型サイクロン 「シドル」
の襲来を受け、死者3,500人との当初発表が、その後増え続け1万人を越えそうな
惨状です。 家屋、農作物の被害者1,000万人以上といわれ、またストリートチィ
ルドレンが増えそうです。

 私は見るのが辛い写真を ブログには載せないのですが、バングラデッシュの現況を
考え、今回はストリートチィルドレンとスラムの様子をUPさせて頂きます。
        (なおこの写真は同志社大学支部からの提供です。)

20071206153242.jpg
                     路上に横たわる子。
 画面から類推すると、この子には肉親の連れがいると思う。 この子は病気で動けな
    いのだろう。 やせ細った足、虚空を見る目。 この子の明日はどうなるのか。
             このようなストリートチィルドレンも多いのです。

20071206154244.jpg
                  ゴミ捨て場で何かを漁る子供。
 私は63年前の敗戦後、これに似た光景を東京で見て育ちました。 当時小学校の
 4年頃でした。ですから この写真を見て、私達の活動の微力さにいても立っても居
 られないのです。 皆さんには今の日本からは想像もできないと思いますが。

20071206155720.jpg
                      スラムの子供。
 屋根のある場所に住んでいるだけでもストリートチィルドレンよりマシなのです。 多分
 親もいることでしょうし。 スラムにさえ入れず 路上で暮らしている子供が30万人
 もいるのです。

20071206161113.jpg
   スラム街。 ダッカのスラム人口は300?500万人とも。この国には統計資料が
 殆どありませんので、正確には分りません。 スラムの中に街が浮いていると言った
 人もいる位です。 近年 貧富の差が拡大し、ますますスラム人口が増えているよう
 で心配です。

できましたら ボンドゥ孤児院のホームページをご覧ください。
「ボンドゥ孤児院」 で検索できます。


ウオーキング   12月5日 6,200歩  6日 11,400歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト




テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/363-c0aceee6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)