FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



五色の錦に染まった乗鞍岳・五色ケ原・滝巡り

 遅れていた紅葉の頃合を計って、23,24日、乗鞍岳 北西側の中腹 標高1360?
1620mに広がる五色ケ原紅葉狩りに行ってきました。
紅葉度は未だ3分程度だったですが。 でも私は全山 真っ赤に燃えた時より、緑、黄、
赤、茶など文字通り5色が混じり合った景観が好きなのです。

 好天に恵まれ、朝の気温4度 と身が引き締まる温度から、最高気温12度と、快適
なトレッキング日和となりました。
今日はエコだ 温暖化だ などの議論は止めて、美しい滝の景観を見て頂きましょう。
とにかく最高に気持の良い2日間でした。

20071026173840.jpg
 標高1500m付近の光景です。 五色ケ原とは言いますが、平らな場所はほとんど無
く、乗鞍岳 (3026m) を盟主とする17座の2500m級の山々の噴火による溶岩の
流れが、冷えて固まり 止った境目が断崖になり、そこに多くの滝が出現しました。
全域が起伏の激しい森林地帯です。 小さな滝が見えますが、名前は分かりません。

20071026175340.jpg
   久手御越滝。 落差58mの優美な滝。 コメツガ、クロベなどの針葉樹が多い。

20071026180346.jpg
    池之俣御輿滝。 数段になって落下する高さ160m 一枚岩の雄大な滝
    だそうですが、 通常は 最下層部しか見ることができません。 残念です。

20071026181637.jpg
                  滝をトラバースしています。
         滑りやすいこのような場所は、綱伝いで慎重に進みます。

20071026182308.jpg
青垂滝 雄滝。 落差 90m。 このコースのハイライトです。
真下から見上げるため写真の枠をはるかにオーバー
します。 そのため横位置4枚繋ぎのパノラマです。
この時期 水量が少なく、水の迫力は乏しかったですが、そのお陰でパノラマが
撮れました。 通常は飛沫が激しく、悠長にカメラを向けてはいられないのです。
すぐ隣に雌滝があるのですが、今回は省略。 滝の数がとても多いのです。

20071026184311.jpg
青垂滝の最上部。 柱状節理の岩の形が良く分かります。 安山岩質の溶岩
が冷えて固まる時に、この岩独特の節理と呼ばれる形ができるそうです。


ウオーキング   10月26日  5、200歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト




テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/340-ecb14913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)