FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



東欧の世界遺産 中世が町ごと残る チェスキークルムロフ, 1

  ツアーも5日目 ウィーンの街は 2泊40時間ほどの滞在で、オーストリアの国から
チェコのプラハに向う。
途中モルダウ川沿いにある 人気抜群の世界遺産チェスキークルムロフに立ち寄
りました。 この町ではお見せしたい写真が多いので、2回に分けてUPしたいと思い
ます。 今日は城を中心に。次回は町の様子を掲載します。

20071005152533.jpg

 700年前の中世の町並みがほぼ完璧に残る、オトギの国、メルヘンの町です。
13世紀 南ボヘミアの領主クルムロフが、モルダウ川の蛇行を見下ろす高台に城を築
き、城下町として発展しましたが、やがて時代の波に取り残され、忘れられた存在に
なりました。 それが逆に幸いし、古い町並みが残ったのでしょう。

   1992年に世界遺産に登録されると、俄然注目が集まり、今や中欧を代表する
   観光地となりました。 特に女性に人気が高いようです。

20071005154907.jpg
      バスを降り、町に向う。 城が見えてきました。 期待に胸が高鳴る。
20071005155302.jpg
  町の中心より やや上流からの景観。 右上の高い建物がクルムロフ城。 左上
       の塔が聖ヴィート教会。 グリム童話の絵本を見るようです。

20071005160207.jpg
  クルムロフ城。 チェコではプラハ城に次ぐ規模です。 モルダウ川沿いの高台に建
                 っているので、より大きく見えます。
  ルネッサンスとバロック様式が混在しており、外観は明るくロマンティックでした。
20071005161131.jpg
  展望台から見た城とモルダウ川。 当日は10月25日、紅葉が始まっていました。

20071005161614.jpg
正面入り口から見る塔。 16世紀に再建されたそうです。 160段の急な螺旋
階段を登ると 360度の展望が開けます。 本来は物見櫓だったのでしょう。
一番上のパノラマ写真はここの展望階から撮りました。


ウオーキング   10月4日 11,300歩  5日 14,800歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト




テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ


この記事に対するコメント

はじめまして。
パノラマ写真つながりで訪れました。
きれいな写真が多くて大変感銘を受けました。また時間をみてゆっくり拝見させていただきます。
【2007/10/06 08:23】 URL | Wonder #Gs/1pPXI[ 編集]

しばらくお伺いできなくて、
また素敵な光景を見せて頂きました。

こんな光景も見てみたいものと思っております。
【2007/10/06 20:31】 URL | sakura #-[ 編集]

ランキング1位でしたね。
びっくりしました。

おめでとうございます。
【2007/10/06 20:33】 URL | sakura #-[ 編集]

Wonderさま

コメント有難うございます。
私は高いところから 広く眺めるのが好きで、よくパノラマ写真を撮ります。 お目に留まって嬉しいです。
貴方も世界を沢山廻っておいでですね。 興味のある所が多いです。
時間を見て 貴ブログをゆっくり拝見したいと思います。

sakura 様

いつも私のブログをご訪問くださり、有難うございます。
チェスキークルムロフはとても感銘深い場所でした。 次回は町中をUPする予定です。 よろしかったらご覧下さい。
【2007/10/07 13:07】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/328-91dc8fc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)