FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



世界遺産 富山県・五箇山合掌造り集落

 立山から岐阜への帰り、国道156号線を利用しました。 立山や乗鞍への行き返り
には いつも高山、下呂経由の国道41号線を使うのですが、「五箇山合掌集落」 を
一目でも見たかったので、少し遠回りしてみました。
156号線は東海地方と北陸 金沢を結ぶ山越えルートで、41号線、東海北陸自動車
道とほぼ平行しています。

 この道の途中 岐阜、富山県境に世界遺産白川郷 五箇山の合掌造り集落
が点在しています。 でも何故か 白川郷ばかり有名なようですね。 私が白川郷と同
じ岐阜県に住んでいるためかなと、Yahooで白川郷と五箇山を検索してみると、白川
郷が10倍近いヒット数です。 ヤハリですね。

 ま、とにかく現地を見てみましょう。
世界遺産に登録されている五箇山の集落は、相倉(あいのくら) と菅沼の2村です。
20070825163907.jpg
 相倉合掌集落史跡指定記念碑前。 箱庭のような村落です。 合掌造りの家屋は
 20棟。 100?200年前の造りが多いそうです。

20070825165158.jpg
  菅沼合掌集落。 ここの合掌造り家屋は9棟。 静かでこじんまりした谷間の集落。
   ちょうど一戸が屋根葺き工事をしていました。

20070825165805.jpg
 南砺市上梨にある 重要文化財 村上家の重厚な家屋。 400年前の建造といわ
 れ、五箇山合掌造り家屋の代表的な建物です。 菅沼と相倉の中間の国道沿いに
 建っています。 隣に民謡 「こきりこ」 の館もあります。

20070825170858.jpg
  合掌造り 村上家の一階。 おえ (茶の間、応接間) おまえ (座敷) を見渡す。
  一階には他に 焔硝製造部屋、作業場、台所、牛馬舎などもありました。

20070825171721.jpg
   村上家 2,3階。 ここは養蚕、農作物の干し場として使われたらしい。 現在
   ではかっての 煙硝製造器具、生活用具の展示を行っている。

20070825172501.jpg
 同家の屋根裏。 自然の木を縄で縛り、仕上げた構造が良く分かります。 クギは
 一切使わなかったとの事。 最上階から背伸びし、手をいっぱいに伸ばして、ファイ
 ンダー、液晶画面も見られず、勘で撮ったものです。 
 ISO1600の高感度に助けられました。 (フラッシュ不使用。 奥も多少写るように。)

合掌集落について少し勉強してきたのですが、今日は下手な説明をパスします。
ひょんな事情から、明日 「白川スーパー林道30周年記念 ウオーキングの集い」 に
参加する事になりました。 無理にでも時間を作って、もう一つの合掌集落、白川郷
も見てこようと思っています。
スポンサーサイト




テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ


この記事に対するコメント

見事な合掌づくり・・。

あの重厚な雰囲気は威厳まで感じてしまいます。

時ぶりしものの色合いは、ほんとに素晴らしいです・・。

100~200年!

そんなに長生きしてるなんて神様みたいですね!
【2007/08/27 10:51】 URL | 母々屋天乃 #-[ 編集]

母々屋天乃さま

いつもコメント頂き有難うございます。
ひょんな事から、おととい、昨日と 今度は 白川郷に行ってきました。 ここは若い女性の観光客が多かったです。
やはり有名なだけの事はありました。
また報告をします。 よろしかったら 覗いて下さると嬉しいです。
【2007/08/28 19:45】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]

fc2ブログランキングで同じ「エコロジーランキング」仲間です。
そろそろfc2ランキングやめようかなと思っていて見返していたら、貴記事をみつけました。
五箇山、私も2年前に行きました。
画像と紀行文懐かしく拝見しました。
五箇山の白川と決定的に違うところは、あの独立感ですね。閉塞感、といっては語弊があるけど、それに似た感じ。
やはりあの地形と、加賀藩の流刑地で、秘密の火薬製造地だったという歴史からくるものでしょうかね。
女性は一般的に白川郷のほうが好きでしょうけど、歴史好きな私は当時の民衆の生活ぶりに思いをはせ、勝手に壮大なロマンを感じてしまいました。
【2007/08/30 01:48】 URL | やよぶ #ydLozkD.[ 編集]

やよぶ様

コメント有難うございます。
この続きは、貴女のブロブに行って書かせて頂きます。
よろしくお願いします。
【2007/08/31 06:03】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/305-211af258
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)