FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スペイン旅行記 3 バルセロナ?バレンシア

     世界遺産より価値ある場所があった!

 サクラダファミリアからバルセロナの市街地をピカソ美術館まで歩く。古い街並みが良
い雰囲気。
20060605095849.jpg

その後ご一行様は免税店に。私は一人で近くのカテドラルに向う(添乗員の了解を得)
 バルセロナのカテドラルは世界遺産ではないが、13?15世紀に建造され、永く市民
の信仰の場となってきた由緒ある教会です。幸運にもこの時 昼1時間は入場無料。
数百年間の人々の祈りが内部に凝縮され、その気配がヒシヒシと迫ってくる。私は特
定の信仰がない平均的日本人ですが、このような雰囲気は心身が引き締められます。

 フラッシュを使わなければ写真撮影OK。ありがたい。このへんの対応はスマートだ。
日本は建前のみで、自分が禁止を守っていると、隣で携帯がパシャ、が結構 多い。
20060605103124.jpg

 この後 紀元前ギリシャ人によって開かれた古都バレンシアに向けチャーターバスで
走る。この街も見たかったが車窓から眺めるのみで、翌朝 直接ラマンチャ地方に向う
との事ガッカリだ。それならとホテル到着後、個人でタクシーを頼み1時間ほど旧市街
地、カテドラルに出掛ける。とても疲れたが収穫はあった。
 (下の写真 午後10時頃 賑わうバレンシア カテドラル前)
20060605105005.jpg
しかし この地に宿泊しながら、こんなに歴史ある街の観光を組まないのはどういう事?

       ウオーキング  6月3日  6,500歩

スポンサーサイト





この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/29-d78637df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)