FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



プーケット最新情景を写真で 5 市場・スーパーマーケット

 今回のプーケット訪問で一番印象的だったのは、海岸の清掃が行き届いていた事と
市場が整備され、清潔になった点です。
津波による大打撃を受け、観光客を呼び戻すために、官民とも必死になった賜物でしょ
う。 ノンビリ屋さんの多いタイ人もヤル気を出せば ここまで出来ることを証明しました。
こちらまで感激です。

 私は何所に行っても その土地の市場を見るのが大好きです。 現役時代 出張先で
夜の付き合いは遠慮しても、ホテル近くに市場があれば、早朝覗きに行ったものです。
特にパリの中央市場は 大規模で活気があり とても面白く、ホテルからタクシーを飛ば
して、朝5時ごろ 何度か見物したのは良い思いでとなっています。

20070615055829.jpg
  新設マーケット (Banzaan,fresh market) の野菜売り場。 見たことのない野菜も。

20070615060641.jpg
    鮮魚売り場。 海産物のオンパレード。 手前はイカ。 小さいが柔かく美味。

20070615061248.jpg
        プライスカードの3倍が日本円の価格になります。 安いですか。
 このマーケットは街一番の歓楽街 バングラロードの東端のさらに東 300mにある。
                     街のド真ん中です。

20070615062257.jpg
      パトンビーチの南端で、漁が多かった時に早朝 開かれる漁師直売。
         マーケットより新鮮で安い。 刺身用はここで買うに限る。

20070615063056.jpg
スーパーマーケットの果物売り場で。 この果物はザボンの一種だが、きれいに
剥いてパックしてある。 手間とゴミの処理に困らずとても有難い。 他の果物もこ
うして売っている。 売り場によっては花模様にカットしたものもある。 ただ腹の
弱い人は避けた方がいかも。 どんな処理をしているか不安ではあります。
私は味につられて、毎日食べたが、OKでした。

タイにはカービング (タイ語でケッサラック) という果物に彫刻をしてオモテナシ
をする伝統的な風習があります。 700百年前のアユタヤ王朝の王女が始めたも
のだと聞きました。 そんな習慣が売り方にも現れているのかも。

20070615065404.jpg
スーパーマーケット、カラフール (フランス系)。 上のマーケットと隣合わせで、
最近オープンした。 娘の住まいから 約1kmの距離で便利になったと喜んでい
ます。 店内の仕様は万国共通。 値段表示がハッキリし、少量パックにもなって
いるので、買いやすい。 マーケットより少し高価ですが。

プーケット島には私が知っているだけで、大型スーパーが4、大規模ショッピング
モールが3ヶ所あります。 大都市並になってきました。 こんな点もロングステイ
し易いと思います。 物価は世界的なリゾート地なので、バンコク並でしょう。
日本の1/3位に感じます。


 キレイで便利になったのは嬉しいのですが、自然保護にも気を配って欲しいもので
 す。現在は海岸ばかりに目が行っているように思いますが、もっと山林の保護をお願
 いしたい。 美しい海は豊かな山があって成り立つものだという事に早く気が付いて
 欲しいと思います。 プーケット島は70%以上の面積が豊かな熱帯山林なのです。

ウオーキング   6月13日  12,900歩
 

ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト




テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/262-83f0a7e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)