FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



バリ ジャワ史跡探訪 12 世界遺産プランバナン

20070425161425.jpg

 昨年5月 この地を震源とする大地震により、大きな損傷を受けたので、現況を確認
してからと思い、このシリーズを中断していました。
幸いかなり修復が進み、観光が可能になった様子で、プランバナンにも触れることにし
ます。 被害を受けた観光地は、お客さんが戻る事が何よりの手助けになるのです。
よろしければ行って上げて下さい。

 インドネシア ジャワ島の古都ジョグジャカルタの東 約16km、のどかな田園地帯に
忽然と この遺跡は現れます。 ヒンズー教の寺院が およそ5km四方に多数点在し、
中で最大の遺跡がロロ・ジョグラン寺院です。 これを中心とする史跡公園 (日本の
ODA援助により作られた) は観光可能になったそうです。

 私が訪れた昨年1月25日時点、この公園内には 半分埋もれた遺物が累々と横
たわって、発掘を待っているように見えましたが、おそらく外部にも未だビックリするよ
うな歴史遺産が多数埋もれている事と思います。

20070425164323.jpg
世界遺産プランバナン遺跡の中心ロロ・ジョグラン寺院
中央が高さ47mのシヴァ大聖堂。 南北にヴィシヌ、プラマー聖堂 (どちらも高さ
23m) の威容に圧倒された。 「ロロ・ジョグラン」 とは 「細身の処女」 を意味し
この地に伝わる伝説の美女を偲ぶ。
寺院の建設は9世紀半ばから。 地震と火山噴火に度々見舞われたこの地で、
よくぞ今まで存続したものだと、先人の知恵と努力に感嘆と敬意を抱きました。

20070425170110.jpg
ラマーナヤのレリーフ。 ヒンズー教にラーマーナヤ物語という叙事詩があり
ます。 それを精巧なレリーフで描いたものが壁面にあります。 修復に用いた
石材の時代や種類が異なる為、色が違います。 レリーフはボロブドール遺跡
のものより高度な出来映えと感じました。

20070425171550.jpg
カルパタルの樹と獅子。 カルパタルの樹はインドの寓話
に出てくる木だそうです。 修身のための教訓話です。


20070425172124.jpg
ムンドゥッ寺院の釈迦如来像。 この写真はプランバナンとは関係ないですが、
ボロブドール遺跡の東 3kmにある小さな仏教寺院に安置されている仏像で
す。 東南アジア一番の美男の仏様と言われています。 1834年に発見され
るまで 密林に埋もれていたそうです。 確かに素敵な仏様です。
外部から差し込む自然光のみで撮影。 私は文化財保護のため 禁止の表示が
出ていなくても、いつもフラッシュは使いません。

ウオーキング   4月24日  10,300歩



ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト




テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/233-4ed5e7a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)