FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



カラクリ付き山車が勢揃い・豪華な岐阜祭

 東海地方には歴史の変革を乗り越え、山車が沢山残っています。 (山車はヤマと
読みます)
岐阜県高山の山車や、「あい地球博」 に参加した 愛知県の山車 はかなりマスコミ
に登場したので、ご存知の方も多いと思います。

 中にはカラクリ屋台付きもあります。 以前には江戸(東京) にも有ったという事です
が、現存するものは少なく、有名な高山にも上演可能な物は4台しかありません。
これが岐阜市に3台も 保存されているのを最近知り、驚き、喜びました。
岐阜祭を内部からお手伝いしたこの度、画像を撮る機会に恵まれました。 

20070412113716.jpg

3台の山車 (岐阜市の有形民族文化財) が伊奈波神社境内に揃い踏み。
保存、継承に努力されている関係者、ボランティアの方々有難うございます。

20070412114535.jpg
安宅車 1844年製作。 明治44年の改修で現在のカラクリ山車となった。
カラクリは 「安宅」 を弁慶、義経が演じる。

20070412115516.jpg
蛭子車。 巫女人形は1,852年、唐子人形が1802年作と伝えられて
いるが、山車も同じ頃の製作だろう。 能 岩船を演ずる。

20070412120945.jpg
清影車。江戸末期の作らしい。
人形は伊勢湾台風で消失。 熱心な活動により復活。(平成10年の新作)

20070412122021.jpg

20070412122133.jpg
カラクリの上演と共に、山車を片浮かせしながら
数度 回転させる力業が見せ所。

20070412123017.jpg
満開の桜と山車を曳く子供達。 良い光景ですね。 4月8日 午前10時頃。

20070412123920.jpg
練り歩く山車と背景の金華山 岐阜城。 この場所でのショットを狙っていました。
電柱が玉にキズですが。 以上 2007年4月8日 撮影。

ウオーキング   4月10日 8,900歩  11日 5,200歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/02/19 14:05】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/225-6758d199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)