FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ポルトガル旅行 15 絶頂期の栄華 世界遺産ジェロニモス修道院

 Merry Xmas

キリスト教の祝日に合わせ、国民の97%がカソリック信者だといわれる、ポルトガル
の国家的聖堂をテーマとしました。
観光も6日目。 旅も終わりに近づきました。 いよいよ この国の首都リスボンです。
まず ポルトガルの誇り、世界遺産ジェロニモス修道院に向かいました。

 エンリケ航海王子の偉業とヴァスコ・ダ・ガマのインド航路開拓を記念して、マヌエル
1世が1502年に着工。 マヌエル様式を代表するこの建造物は、海外からもたらさ
れた富による、大航海時代の繁栄を象徴しています。
その植民地経営については種々論議される所ですが、この建物は ポルトガルの、
いや人類全体の宝であることに異論はありません。

 特に中庭を囲む回廊の美しさに魅せられました。 55m四方もあるというこの回廊は
マヌエル様式の最高傑作として名高いそうですが、なるほどと肯けました。

 次いで 「 ベレンの塔 」 「 発見のモニュメント 」 と、”お登りさん”よろしく午前中
の半日を楽しみました。

20061225092344.jpg
ジェロニモス修道院外観。 正面入り口の繊細な装飾は見事。
とにかく横幅が長い。 歩いて見たが 200m以上はゆうにあります。

20061225093121.jpg
礼拝堂。圧倒的大きさ。その荘厳さに多くの人がひれ伏してしまっただろう。
全容を収めるため、横で撮影したものを、縦2枚パノラマで繋いでみました。

20061225094823.jpg
回廊から外部を覗く。 柱には繊細優美な装飾が施されている。
美術的評価が高い。

20061225100305.jpg
石灰石で作られた回廊。 広々として、とにかく美しい。

20061225100645.jpg
修道院前の広場。 地元の人にも格好な散策地となっています。

20061225101053.jpg
発見のモニュメント。 エンリケ航海王子の500回忌を記念して、1960年に
作られた。 王子をはじめ、ヴァスコ・ダ・ガマなど、この国の偉人達が刻まれ
川風が心地よいテージョ川 河畔に建っている。

20061225102229.jpg
世界遺産ベレンの塔にて。 16世紀の要塞としてつくられた。
司馬遼太郎が 「テージョ川の公女」 と呼んで、その優美な姿を
称えている。 日本の文化人はポルトガル・ファンが多いようだ。
ここで記念写真を一枚。同行のご夫妻の奥様と。
ご主人の撮影です。 有難うございました。

ウオーキング    12月24日   14,800歩

スポンサーサイト





この記事に対するコメント

メリークリスマス~☆☆☆

クリスマスに美しい写真を見せてくださって
ありがとうございます☆

う~ん、これがあの有名な発見のモニュメント!

マンガの絵でしか見たことがなかったです!

美しい~!!!

いつか、絶対、バイト代ためて
外国旅行!
生まれてからふれたことのない文化に
かこまれてみたいと思いました!
【2006/12/25 21:29】 URL | 母々屋天乃 #-[ 編集]

やはり、スケールが違いますね
青空の美しさが、建物をより
素晴らしく見えます
これはヤンジジさんの写真の腕が、素晴らしいからでしょうね

今日の更新で終わります
お世話になりました 有難うございました
【2006/12/26 13:15】 URL | 温思の母 #d0UzlgPY[ 編集]

温思の母さま

この日は特に素晴らしい天気でした。
ヨーロッパで最も温暖な地と言われているのもなるほどと思いました。

今日で終わりとはどうしたのですか?残念です。 
色々と有難うございました。
【2006/12/27 07:09】 URL | ヤンジジ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/155-703991bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)