FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



岐阜 金華山ウオーキング・ガイド 1

           私が愛するトレッキングコースをご紹介します。

 金華山は(標高 海抜329m 稲葉山とも呼ばれる)織田信長、斉藤道三の城があった事で有名ですね。この城は徳川幕府が加納城(岐阜市の南部、旧中仙道 加納宿沿い)を再建した時(1601年)取り壊されました。
 現在は観光用に作られたコンクリート城で、最上階からの展望は素晴らしいものがあります。360度の視界は東海地区で、富士山に次ぐものでしょう。大気が澄んでいれば、濃尾平野の大半、伊吹山、養老山系が一望でき、状況次第で木曾駒ケ岳、南北アルプスまで見える事があります。

 この山は尾張藩のお留め山として一般の立入、木の伐採を禁じ、明治からは御料林として、昭和32年から国有林としても保護されてきたため、比較的 自然が保たれています。 市街地のど真ん中に、こんな山があるのは、日本中で岐阜市だけだと思いますし、これが市民の誇りとなっています。

 麓の岐阜公園からはロープウエイがあるので誰でも山頂に行く事ができます。
登山道は主なもので6道ありますが、市外からでは、その内の4道の利用が便利と思います。(アクセスの容易さで)
 ・七曲り登山道 メイン登山道です。半分が石段の登りです。昔は馬で9合目まで
   登れた。頂上まで徒歩40分ほど。
 ・百曲り登山道 つづれ折れの道。ほぼロープウエイの下を登る。距離は短いが、
   やや急坂。徒歩35分ほど。
 ・めい想の小道 長良川沿いに登る道。展望が一番良い。一部岩場があるが注意
   すれば問題なし。徒歩45分ほど。
 ・馬の背登山道 ”めい想の小道”の西側の尾根を一直線に登る。岩と木の根をよじ
   登る感じ。健脚向き。徒歩40分ほど。
登山口はいずれも岐阜公園。所要時間は私のゆっくりペースです。
 交通 名鉄岐阜駅 → 「岐阜公園・歴史博物館前」下車 所要時間約15分
     岐阜バス利用

20060512105543.jpg

20060512105811.jpg
私の孫。4歳3ヶ月で頂上まで初登頂。往復 歩き通しました。
頂上近くのリス園で遊ぶのが大好き。

20060512110901.jpg
岐阜公園正面入り口の案内地図 お出での時は参考にしてください。

20060512111228.jpg

20060512111459.jpg
登山道入り口の案内板、園内に数ヶ所あり。茶店でも教えてくれます。

スポンサーサイト





この記事に対するコメント

はじめまして。若々しい行動力がすばらしい。ブログもやるなんて。僕も最近、子供と山登りしています。これからもいろんなこと載せてください。
【2006/05/14 07:03】 URL | 自分の人生を築く #-[ 編集]

はじめまして。
昨日はコメントを頂きまして有難うございました。お礼を申し上げます。
それで、貴ブログを初めて見せていただいた所、偶然にも悟りを開き、新たなブログに移行されるとの事。お目出度うございます。こちらまで嬉しくなりました。
新ブログ期待しております。
【2006/05/15 07:21】 URL | ヤンジジ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/15-e1f5718a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)