楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご挨拶

いつも父のブログを見ていただいていただいた皆様、わたくしはヤンジジの娘でございます。
父はさる6月19日3時3分、永い眠りにつくこととなりました。
がんを宣告された後も、治療中ながら元気に過ごしておりましたが、(この辺りの事情はブログ読者の皆様方の方ががわたくしより詳しいかと思います)4月末に自宅にて倒れ、そのまま2か月近い入院生活ののちに亡くなりました。
一昨日が通夜、昨日が葬儀でございました。
葬儀には生前父がブログに掲載するために撮ったたくさんの写真やブログ記事も紹介され、喪主である母の希望もあって父の大好きな生花があふれんばかりに飾られた大変父らしい素敵な式でした。

以下は喪主でございます母のご挨拶をわたくしが変わりまして代筆させていただきます。



「朝ごはんいいよ」 
そういって朝早くからカメラ片手に野鳥や花の写真を撮りに出掛ける夫の姿がよみがえります。
定年後に始めたブログ 楽しいリタイア人生を目指して には夫の想いがたくさん詰まっています。
東京大空襲で生死の境をさまよい、生まれた東京は焼け野原。
それでも夫は明日への希望を失わず強く生き抜きました。
自分にも他人にも厳しく、子供たちにとっても 「おこるととても怖いお父さん」でしたが、
いつの日も愛情深く、家族のためにつくしてくれました。

病となり、余命を宣告され、その切なさを思うと胸が痛みますが、入院するまで食べられなかったはずの食べ物までいただいて、生きることを諦めない前向きな姿がありました。
次第に話すことも難しくなり、意識がもうろうとする夫にブログの写真を見せると、細くなってしまった腕をゆっくり持ち上げ
写真を撮る仕草を見せました。
自然を愛し、カメラを愛し、多くの人にその素晴らしさを伝えようと励んできた夫の思いは私たちの心の中で色あせることはありません。
部屋中が本でいっぱいの夫の書斎に座っていると暖かい面影がよみがえり心が温まります。
長い間頑張ってきた夫をねぎらい、どうかこれからはゆっくり休んでほしいと願うばかりです。
ふたりで交わした言葉に思いをはせ、去りゆく背中を見送ります。 いつまでも心はつながっているよ。

平成二十六年六月十九日 享年七十九歳を以ってその生涯に幕を下ろし、悠久の旅路につきました。
生前多くのご厚情を賜りました読者の皆様へ深く感謝を申し上げます。

ヤンジジ妻


このブログはリタイア後から亡くなるまで父を支え続け、生きがいとなった宝物ですので、出来る限りそのままにしておくつもりです。

コメント等で今まで父を心配し、励ましていただきました皆様本当にありがとうございました。
今頃苦しみや悲しみのない世界で、父がカメラ片手に元気に野山を歩き回っている事を信じて。                

ヤンジジの娘

ユーキ 岐阜、立山 049




  

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

いつも読み逃げでしたが、岐阜市在住で生き物や花が大好きなので、毎回楽しみに拝見させて頂いていました。
4月以降ブログの更新がされていなくて、心配しておりました。
今日、奥様と娘さんの愛に満ちた温かいブログ更新を発見して...涙が溢れてきました。
でも素敵な御家族に支えられて本当に素晴らしい人生を送られたのだなあと思いました。

 きれいな生き物たちの写真と前を向いて病気と付き合われているお姿は、逆に励まされ毎回心が洗われました。

心からご冥福をお祈りします。
【2014/06/24 12:52】 URL | 花好き #0mk/PYHQ[ 編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/06/25 13:58】 | #[ 編集]

いつも拝読しておりました。
きっかけは中学受験の娘の理科の勉強で花の名前を調べているうちにこちらのブログに辿り着きました。
街で暮らす中では見ることのできない草花や鳥など、自然の息吹をブログを通して感じることができ、娘と一緒にいつもお邪魔しておりました。
今日の記事を読み、大変ショックを受けております。。
自然を愛する気持ちが強く伝わる、きっと何時間もファインダーを見つめて撮られたのであろう可愛らしい鳥の表情、生態。。
ヤンジジ様のお人柄が伝わってくる、本当に素晴らしい写真、文章でした。

娘と私に たくさんの感動と、自然を愛すること、守ることの大切さを教えていただきました。

ありがとうございました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。
【2014/06/27 22:08】 URL | たかこ #-[ 編集]

立山の麓の称名滝にいらっしゃるヤンジジさまへ
心よりご冥福をお祈りしております。

お辛かった治療をも前向きに受けられて、自然の中に出かけられ治癒力を高めていらしたヤンジジさま。すべての苦しさから開放されて森の中を歩き鳥達のさえずりを愉しまれていることでしょう。
金華山のボランティアのお話やイブキ山の花のことからこのブログを拝見させていただくようになりました。アジアの子供達のボランティアもされ、活動的なリタイア人生を送られ、頭が下がる思いです。

黒塀に映えるピンクの花が花ももだとブログ上で教えていただいたことも思い出します。優しいまなざしで花々を愛で、鳥達のすばやい動きを一瞬にしてとめるかのうように愛らしい姿を写真におさめられるテクニックと忍耐強さ。そしてその画像、博識。楽しく拝見させていただきました。ありがとうございました。
どうぞ、天上界でも皆さんと語らい、鳥の声を心行くまでお聞きください。お祈り申しあげております。
【2014/07/03 07:29】 URL | 樹間暮 #Nez1vdUw[ 編集]

そうでしたか。暫く更新がなかったので、体調を崩されて入院でもされているのかと思っていました。いずれまた元気に復帰されるだろうと信じていましたが、誠に残念です。

過去にこのコメント欄で花情報を教えていただいて以来、私もリタイア後に同じ趣味を持ち自然に親しんできた同年代の隣県在住者として、時々、こちらのブログを拝見しておりました。数年間いろんな貴重な情報をいただき、ありがとうございました。

謹んでご冥福をお祈りします。
【2014/07/03 12:14】 URL | 通りすがり #-[ 編集]

なんと言葉にしていいのか・・・。

まずは、奥様や娘様を含むヤンジジ様のご家族の方々、大切な家族の一人を看取るということは精神的にも肉体的にもとても大きな影響を受けると思います。どうぞお体に気を付けてお過ごしください。
ヤンジジ様が自分の好きな花や鳥、沢山の自然を最期まで楽しむことが出来たのは、ご家族の支えがあってこそだと思います。

私はこの広い日本のなかで、数知れずのブログの中で、ヤンジジ様と繋がりを持てた事が奇跡だと感じています。
私がヤンジジ様のブログにたどり着いたのは、サンコウチョウという野鳥の事を探している時で、マナー違反をしている写真家達に注意をしたという記事でした。
人間、偉そうなことばかり言うけれど、ヤンジジ様のようにきちんと注意出来る大人は滅多に居ないとおもっていたので、本当に尊敬しました。
私も岐阜県内に住んでおり、ヤンジジ様のブログで情報を得て「ふれあいの森」へ足を運び、運良くサンコウチョウを見ることができました。
「ふれあいの森」に行くたびに、ヤンジジ様もここを歩いているんだと和やかな気持ちにもなりました。
普段の生活で行き詰まった時にも、励ましのお言葉を頂いたり、本当に感謝しています。
今では、同じくブログの愛読者である、るる様ともヤンジジ様がくれたご縁で、時々メールを楽しんでいます。
私はこれからも、自然を愛し、人や動物を大切にし、ヤンジジ様がくれた知識を深めて生きていきたいと思っております。

最後に、娘様、今回のご報告を感謝しております。
心より御冥福をお祈り申し上げます。




【2014/07/04 00:51】 URL | おかいこ #ihMNMLjo[ 編集]

度々のコメントをすいません。
ブログを読み返し、なんだかいてもたってもいられなくて・・・。
私も自然を楽しみながら生活しています。ほんの些細なこと、たとえば自分の好きな花が道端に咲いてたとか、公園や池に行ったらこんな鳥に会えたとか、何気ない風景の中で嬉しく思ったことがあると、ヤンジジさんに伝えたい!と自然と思ってしまうのです。
私は今31歳であり、ヤンジジさんには人生の大先輩として、優しくコメントをして頂きました。
ヤンジジさん、今は田んぼの稲もずいぶん成長して、風にあおられながらも力強く伸びていますよ!
先日ホタルも見てきましたが、何年も前と思うとぐんと減ってしまったように感じます。
マイマイ蛾は今年もかなり多く夜の町には出ていけません。
今年は毛虫こわさにサンコウチョウにも会いに行けておらず、写真を見てはソワソワとしています。
そんな私を、ヤンジジさんが天国から笑って見てくれている事を願っています。

【2014/07/04 21:02】 URL | おかいこ #ihMNMLjo[ 編集]

皆様、本当に温かいコメントありがとうございます。
母は、パソコン等を全くやれないアナログな人なので、皆様のコメントをプリントして渡したところ、ぽろぽろと涙を流し喜んでおりました。
葬儀が終わり、その後のもろもろを大慌てで何とか終え、わたくしは家族のいるプーケットに戻ってまいりました。
火葬のあと小さな骨壷に小さくなってしまった父を入れ、「ちょっと狭いけど久しぶりにプーケットに行こうね」といってトランクに入れてこちらに連れてきてしまいました。
父は山も好きだったのですが、海も好きだったのでハイシーズンのきれいな海に少し散骨してあげたいと思っています。
本当に皆様ありがとうございました。
【2014/07/08 00:09】 URL | ヤンジジの娘より #JalddpaA[ 編集]

奥様、お嬢様
謹んでお悔やみ申し上げます。

プログに出会え、万全な体調ではない中、必ず返信して頂いたこと、今は全てが有難い思いでいっぱいです。
雄大な自然の風景、動植物の美しい姿、丁寧な説明。
多くの学びがありました。
躍動感溢れる画像は真つすぐなヤンジジ様の生き様のようで、カメラを手に一瞬のチャンスを捉える姿が見えるようです。
写真は手元に残りますが、プログがあるとそれ以上に、言葉が加わり、その時のその人自身が、今だ生き続けてくれるのですね。
多くのプログを更新されておられます。
私はまだまだ、全てを見ておりません。ですので、今からもこれからも、ご病気と向き合いながら、前向きな生き様を見せて頂いたヤンジジ様に教えを得たいと思い、プログを見続けて行く予定です。
ご冥福をお祈り申し上げます。

天国のヤンジジ様

いつも素敵なプログを拝見出来て、幸せでした。
沢山の写真、コメントを読んでいると、なんだかお話してみたい気がして、、、、
拙い私のメールに優しい返信ありがとうございました。
悠久の空から、ご家族を、そして
この日本を見守つていて下さいね。
【2014/07/08 23:42】 URL | るる #-[ 編集]

このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/20 07:57】 | #[ 編集]

このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/29 23:10】 | #[ 編集]

このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/09/02 19:56】 | #[ 編集]

このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/09/09 22:45】 | #[ 編集]

このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/12/05 22:35】 | #[ 編集]

このコメントは管理者の承認待ちです
【2015/03/18 20:02】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/1430-de3eb89f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。