FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ポルトガル旅行 7 宮殿ホテルに泊まる(国立公園内の)

 この日の最終観光地コインブラから30km、広大な森に入りました。
ブサコ国立公園
です。
入り口付近の湧き水 泉でミネラルウオータを飲む。地元の人たち大勢が汲みに来て
いました。ヨーロッパには珍しい軟水だ。

 この山は古くから修道僧たちが修行を行ってきた神聖な土地でした。19世紀から
王室の管理になって離宮が造られ、王制が廃止された後、5ツ星の高級ホテルにな
っています。 この日はここに泊まりました。

このツアーは7ヶ所の世界遺産巡りと同時に、一味違うホテルに泊まるのが売り物。
それでも価格は私が仕事で出張していた時の1/3位の値段です。
企画した旅行会社に敬意を表します。
ホテルの名はパレス・ホテル・ド・ブサコ。さすがに格式とクラシックムードが横溢。
たまには王侯気分を満喫しましょう。

20061127072647.jpg
             庭園から見た全景。池には白鳥が泳いでいる。
(このホテルについては旅行ガイドに必ず紹介があるので、書くのを省略しますが、
泊まるならチェックイン アウト時間をうまく利用し、ゆっくりするする事をお勧めします。
ホテルライフも周囲の散策も1日ではもったいない環境です。
今のヨーロッパではこんなに大きな森は滅多に無いはずです。)

 私はこのナショナルパークの自然も味わいたいと思っていました。
はたしてこのホテルにはウオーキング・ガイドの日本語のリーフレットがあるではない
ですか。感激しました。

ところで私はいつものジーンズ姿。これで館内を歩き回るのをどう思うか フロントで聞
いてみました。「ここはリゾートでもあります。だからノープロブレム。日本から野鳥を見
に来る方もいらっしゃいます」との事。 すっかり嬉しくなりました。
ただ折角のチャンス、女性は軽いドレスでオシャレを楽しむのも一興だと思いますよ。
私のような年寄りの男性も楽しくなります。

20061127081303.jpg
  ディナーです。 華麗で趣味の良い部屋。 料理名はメモしなかったが、魚介類も
  メニューに入ったポルトガルの伝統料理は品の良い味でした。 特にオリジナル
  ワインはいけるそうです。 もっとも私はグラスワインでしたが。

20061127082809.jpg
   ウオーキングガイド。 説明が詳細に、裏には地図も。 この山のトレッキング
   はヨーロッパで有名らしい。 400種以上の植物が生育しているとの事です。
 1643年アーバン8世教王により、森の植物に危害を加えたり、司教の許可なしに
 草木を切ることが禁止されました。これはヨーロッパでの最も古い自然保護条例の
 一つではないでしょうか。

20061127083711.jpg
ブサコ国立公園山頂 クルース・アルタ。 標高541m。 日本で山頂に祠があるよう
に十字架が建てられていた。
歩くのは早朝しかないので、6時前に起きたが、なかなか夜が明けない。 7時少し前
にようやく白み始めた。 いざ出発。 40分で行ける所まで行こうと足を速める。
森に入ると未だ足元が良く見えない。 鳥の囀りが始まった。 ギリギリの時間で頂上
に到着。 ホテルから約2km。登ったのは200m位だろうか。 まだ薄暗い。

20061127090051.jpg
十字架裏の展望台の眺望。 大西洋まで見えると言う話だったが、朝靄で残念ながら
見えなかったが、でもよい眺め。 ゆっくりしたいが時間が無い。 すぐ引き返す。
森の様子も写したかったが帰りは下り坂を限度まで飛ばす。 ホテル到着は朝食時間
の8時ジャストでした。 ヤレヤレよかった。

             ウオーキング   11月26日   7,300歩

スポンサーサイト





この記事に対するコメント

どの箇所も、ゆっくりと歩きたい、いい眺めの
場所ですね
下のカルガモの羽を広げたブルーが美しいですね
【2006/11/27 09:31】 URL | 温思の母 #d0UzlgPY[ 編集]

温思の母さま

個人旅行と違って旅行会社のツアーは、どうしても多くの観光地を回るので忙しくなります。
カルガモは都会にもいますが、よく見ると結構キレイな鳥です。
【2006/11/28 20:05】 URL | ヤンジジ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/138-1ac95724
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)