FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



瑠璃(ルリ)色に輝く小鳥・ルリビタキ


 この数日 暖かくなって長らく悩まされてきた抗がん剤副作用による体の冷えから
ようやく開放されました。 癌患者にとって温かさがどんなに有難いことかと 春の到来に
感謝している昨日今日です。また数多く体験した副作用の中で最も辛かった吐き気も、
様々の薬を試用した結果、かなり治まってきました。 本当に有難いことです。

 すると今度は髪の抜け毛が気になってきたのです。 今では抗がん剤使用以前の
1/3ほどに抜けてしまい、後 数か月で丸坊主になりそうな感じです。 外見上の風采
が気になりだしたのは、闘病生活にも慣れ、甘えが出てきたのかなー ・・・・。
肝心なのはガン腫瘍そのものの病状。 次のマーカー検査の結果が気になります。

 今日の野鳥はルリビタキ。 オオルリ、コルリと共に3瑠璃(ルリ) と呼ばれ、バード
ウォッチャーには絶大な人気があるのですが、私の画像はいかがでしょう。

ルリビタキ 045
ルリビタキ雄。 体長 約14cm(スズメとほぼ同じ)。 昆虫、果実などを食べる雑食性。

ルリビタキ 037
私が歩く岐阜市周辺の里山では、12月から翌年の3月まで 姿が見られる。
その他の季節は山地や亜高山で過ごす漂鳥らしい。

ルリビタキ雄 133
この体色を見てどう思われますか? でも今年 残念ながらだだ一度だけしか雄には
出合えませんでした。 この鳥は年々減っているように感じます。

ルリビタキ 05
ルリビタキ雌。 ルリ色の部分は雄とは異なり、尾に見られるのみ。
でも愛くるしさはひとしおです。

ルリビタキ 044
雄は警戒心が強く、滅多に近くで観察できないが、
雌は人懐っこく 近くに寄ってくることがあります。

ルリビタキ 001
雄雌とも 単独行動しか見たことがない。 繁殖期のペアーを何とか見たいものですが。



このブログ いいね。 と思われたら、ここをクリック お願いします。






スポンサーサイト




テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

どれも鳥への愛情が表れている
いいお写真です!
色もですが、福福とした冬のこういった鳥達は
見ているだけで愛らしいです。
雄のこの色・・・人気があるのもわかりますね。
【2013/03/13 22:19】 URL | 樹間暮 #Nez1vdUw[ 編集]

ヤンジジさん♪ おはようございます^^

吐き気が無くなって、食欲も増されましたか?
食べ力!って言いますから
沢山食べて、桜咲く春の野鳥探しに
邁進して下さい~♪

ルリビタキ、本当に可愛らしいですよね^^
青い鳥は、チルチルミチルだけぢゃなく、皆憧れて追っかけたくなりますね^^
この冬は、いつものモリバヤシで数羽のルリビタキに出会えました。
人が常に歩き回る公園なので、皆警戒心が薄くて
沢山写真を撮らせてくれました^^v
時季に、きっちり帰ってきて欲しいですね^^
【2013/03/14 07:40】 URL | ちえたん #mQop/nM.[ 編集]

野間暮 さま

野鳥愛好家の方たちは、肉眼で、またスコープで鳥の姿、動きを楽しまれて居られるのですが、私はカメラのファインダーを通して楽しんでいるわけです。

それをパソコンで再生する時、ブログにUPする時と何度も楽しませえて貰えます。 全く幸せな男だと感謝しております。
【2013/03/14 20:52】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]

ちえたん 様

御地には人馴れしたルリビタキがいるのですか。羨ましいですね。

岐阜の金華山はかなり前から 野鳥保護区となっており、観察地としても有名な期間が長くなって、この付近全体が かえって種類も、数も減ってきているようです。残念なことです。
【2013/03/15 19:59】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/1358-593e3eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)