FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



初夏の蝶・クロアゲハ・ウスバシロチョウ


 台風4号は東北の海上に出ましたね。 この後 大きな土砂災害などが発生しないよう
祈っています。

 今 野山は若葉でいっぱい。 そのあちこちから野鳥の声が聞こえてくるのですが、茂
った新緑に隠れて姿は殆ど見えません。 そのサエズリのみを楽しみつつ歩いているの
ですが、私の目はチョウやトンボなど動くものを どうしても追ってしまいます。

 その虫たちの数が近年メッキリ減ってしまったのが残念至極なのです。
この数十年後の自然環境や生き物たちは、いったいどんな状態になっていくのでしょう
か? 考えていると 空恐ろしくなってくるのですが ・・・・。

ウスバシロチョウ 09
ウスバシロチョウ。 アゲハチョウ科。 開張時の翅の巾 約6cm。

ウスバシロチョウ 16
岐阜市周辺では5月、この蝶が多い伊吹山では6月に短期間見ることができる。

ウスバシロチョウ 29
氷河期の生き残りといわれています。 半透明の翅をユッタリというより、むしろよたよた
と飛んでいる姿がいじらしい。 またこの蝶は日が照っている時しか飛ばないという特性
があります。 (6月7日 ひるがの高原にて撮影。)

クロアゲハ 057
クロアゲハ。 アゲハチョウ科。 開張時の翅の巾 約10cm。

クロアゲハ 026
春から夏にかけて 普通に見られたチョウだったが、最近急激に数が減ったようです。

クロアゲハ 069
クロアゲハは日陰を好んで飛ぶようだが、吸蜜時はさすがに日の当る場所にもくる。
ノアザミに来ているところは絵になりますね。



このブログ いいね。 と思われたら、ここを クリック お願いします。

ウォーキング   6月18日   6,500歩







スポンサーサイト




テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/1310-323ff511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)