FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



エビネ・キエビネを満喫しました・河川環境楽園にて


 数年前に このランの虜になってしまい、以来自生地を探し歩きましたが、残念ながら
今期から断念しました。 相変わらず野生ランの人気はすざまじく、私ごときの年寄りで
素人が探し当てられる範囲からは姿を消してしまったようです。

 環境の悪化も影響しているのでしょうが、盗掘が最も大きな要因のようです。 エビ
ネにとどまらず、山野草全体に 専門業者の暗躍が酷いと、山の関係者から聞いてい
ます。

 幸い我が家からほど近い所に、国立の木曽三川公園・河川環境楽園があり、ここで
エビネ、キエビネの保護、栽培を行っており、その妖しい魅力を堪能できたのです。

エビネ 024
エビネ。 ラン科エビネ属。 花径 約2cm。 草丈 30~50cm。

エビネ 185
根茎の形が海老に似ているのでエビネの名が付いた。

エビネ 24
多くのファンが居るというのが 肯ける美しさです。 
絶滅危惧Ⅱ類 (UV)。 日本原産という資料もあるようですが本当でしょうか?

キエビネ 15
キビエネ。 エビネ属。 花径 2~3cm。 草丈 30~70m。 エビネよりやや大型。

キビエネ 011
西日本、台湾、ヒマラヤに分布。 エビネとの自然交配が進んでいるようです。

キビエネ 298
鮮やかな黄に魅了されます。 野山では 特に目立つので、昔から採取が容易だった
のでしょう。 絶滅の危険度がより高い絶滅危惧Ⅰ類 (EN) に指定されています。



このブログ いいね。 と思われたら、ここを クリック お願いします。

ウォーキング   5月11日 10,100歩  12日 12,000歩






スポンサーサイト




テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/1294-d72772ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)